難問集 №1  100問

問 1 大型自動車とは、大型乗用自動車、大型貨物自動車、大型特殊自動車のことである。

問 2 高齢者マークを付けた普通自動車がいる場合は追い越しをしてはならない。

問 3 ファンベルトの張り具合は、ベルトの中央部を手で押して少したわむほうがよい。

問 4 クラッチペダルのあそびが多いと、クラッチの切れが悪く、ギヤが入りにくくなる。

問 5 車は、路面電車が通行していないときは軌道敷内を通行することができる。

問 6 同一方向に2つの車両通行帯があるときは、速度の遅い車が左側の車両通行帯を、速度の速い車が右側の車両通行帯を通行する。

問 7 図1の標識のある道路は、自動二輪以外の自動車は通行できない。

問 8 中央線は必ず道路の中央に引かれている。

問 9 交差点を通行中、緊急自動車が接近してきたときは、交差点を避けて道路の左側に寄り、一時停止しなければならない。

問 10 ブレーキペダルを踏んだとき、硬い踏みごたえのあるときは、ブレーキは正常である。

問 11 信号機の信号が黄色の点滅をしているときは、車は徐行して進まなければならない。

問 12 交差点を右折、左折、直進するときは徐行しなければならない。

問 13 けん引自動車でけん引するときの一般道路での最高速度は、60キロメートル毎時である。

問 14 自動車は、一方通行でない道路の交差点で右折するときは、あらかじめできるだけ道路の中央に寄り、交差点の中心のすぐ内側を徐行する。

問 15 交差する道路が「優先道路」であるときや、その幅が広いときは必ず徐行して、交差道路を通行する車などの進行を妨げてはならない。

問 16 図2の標識のある道路は、積み荷の重さが5・5トンを超える車は通行できない。

問 17 交通整理の行われていない交差点でほ、道幅が同じような場合は左方車に進路をゆずらなければならない。

問 18 歩道や路側帯のない道路では、自動車 (自動二輪車を除く)は道路の端からIメートルの部分は通行してはならない。

問 19 初心運転者標識をつけている車を追い越したり、追い抜いたりすることは禁止されている。

問 20 合図は、その行為が終わったあとも安全のため、しばらく続けていたほうがよい。

問 21 車間距離は、速度が同じであれば天候や路面やタイヤの状態、荷物の重さなど に関係なく同じでよい。

問 22 横断歩道を歩行者が横断しようとしているときは、歩行者の横断を妨げないよう一時停止しなければならない。

問 23 図3の標識のある道路は、乗車定員11人の乗用自動車は通行できない。

問 24 横断歩道や自転専横断帯とその手前30メートル以内は、自動車や原動機付自転車を追い越したり、追い抜いたりすることはできない。

問 25 標識や標示によって横断や転回が禁止されているところは、同時に後退も禁止されている。

問 26 踏切とその前後10メートル以内の場所は、駐停車禁止である。

問 27 踏切の信号が青色のときほ、一時停止や安全確認はしないで通過することができる。

問 28 自動二輪車は、ほかの車を1台けん引することができる。

問 29 信号機のある交差点で、停止線のないときの停止位置は交差点の直前である。

問 30 トンネルの中は、常に追い越し禁止である。

問 31 ブレーキは、最初からできるだけ強くかけるようにする。

問 32 図4の表示は、最高速度50キロメートル毎時の始まりを示している。

問 33 徐行や停止をしようとするときは、約3秒前から合図をする。

問 34 貨物自動車に荷物を積んだとき、荷台に荷物の積み降ろしのため、必要最小限度の人を乗せることができる。

問 35 車両総重量が1,000キログラムの故障車をけん引するときは、けん引免許が必要である。

問 36 免許証の更新は、有効期間の満了する日の2力月前から受けることができる。

問 37 踏切とその手前から30メートル以内は、追い越しが禁止されている。

問 38 人の乗り降りのための停止は、5分を超えても駐車にならない。

問 39 荷物の積み降ろしのための停止は、5分以内であれば停車である。

問 40 車両通行帯が黄色の線で区画されているところでも、右・左折をするためであれば、その線を越えて進路を変えてもよい。

問 41 図5の標識のある道路は、軽車両は通行することができる。

問 42 歩道や路側帯を横切るときは、必ず一時停止しなければならない。

問 43 車とは、自動車と原動機付自転車、軽車両のことである。

問 44 車を止めるには、ブレーキを数回に分けて踏むようにする。

問 45 深い水たまりを通行すると、ブレーキドラムに水が入り、ブレーキのききが悪くなることがある。

問 46 二輪車でエンジンを止めて乗車して坂道を下るときは、路側帯を通行できる。

問 47 前車を追い越し、左へ進路を変える時期は、追い越した車がルームミラーで見えるようになってからがよい。

問 48 夜間、一般道路に駐車するとき、道路照明などで50メートル後方からはっきり見えるところでは、非常点滅表示灯や駐車灯、または尾灯をつけなくてもよい。

問 49 自動二輪車は、二輪免許を受けていた期間が1年末満の者は2人乗りをしてはいけない。

問 50 図6の標示は、「停止禁止部分」を表している。

問 51 霧の中を走行するときは、前照灯を上向きにする。

問 52 普通貨物自動車に荷物を積む場合の積み荷の幅は、自動車の幅からはみ出してはいけない。

問 53 故障車をロープでけん引するときは、けん引する車の前端からけん別される車の後端までの長さが20メートルを超えてはならない。

問 54 反応時間は心身の状態が悪いと長くなる。

問 55 道路工事区域の端から5メートル以内の場所は駐車も停車も禁止されている。

問 56 乗車定員1I人の車を運転するときは、中型免許か大型免許が必要である。

問 57 オートマチック車を駐車し、車から離れるときはエンジンを止め、ハンドブレ一キをかけ、チェンジレバーは場所に関係なくNの位置にしておく。

問 58 図7の標識のあるところは、道路の右側にはみ出さなければ追い越しをしてもよい。

問 59 車庫へは後退で入れ、前進で出すようにする。

問 60 運転免許は、第一種免許、第二種免許、原村免許の3つに区分される。

問 61 高速自動車国道では、故障した自動車をロープでけん引して通行できない。

問 62 対向車のライトにげん惑されたときは、車を止めて視力が回復するのを待つようにする。

問 63 長い下り坂でエンジンブレーキを使いすぎると、フェード現象やべーパーロックを起こしやすい。

問 64 車が衝突するときの運動エネルギ は、速度を半分に落とせば、おおむね4分の1になる。

問 65 検査標章の数字などは、次の検査の時期を示している。

問 66 図8の標示は、この先に交差点があることを示している。

問 67 上り坂の頂上付近や、こう配の急な下り坂、道路の曲がり角付近は、徐行、追い越し・駐停車が禁止されている。

問 68 追い越し禁止の場所でも原動機自転車は追い越してもよい。

問 69 図9の標識のある交差点は直進できる。

問 70 ハイドロプレーニング現象は、晴天の日に高速走行すると起きやすい。

問 71 舗装道路では、雨の降り始めのほうが降っている最中よりスリップしやすい。

問 72 速度が2倍になれば、制動距離もおおむね2倍になる。

問 73 交差点やトンネルの中は駐車も停車もできない。

問 74 急ブレーキをかけることは、いついかなるときでも禁止されている。

問 75 自動車検査証や自動車損害賠償責任保険証明書は、運転するときは車に備えつけておく。

問 76 交差点以外で横断歩道も自転車横断帯も踏切もないところで、警察官が手信号で止まれの指示をしているときの停止位置は、警察官の3メートル手前である。

問 77 昼間でも、トンネルの中や濃い霧の中などで50メートル(高速道路では200メートル)先が見えない場所を通行するときは、前照灯、車幅灯、尾灯などをつける。

問 78 高速道路の本線車道を走行するときは、右側の白線を目安に車両通行帯のやや右寄りを通行する。

問 79 交通事故で負傷者がいない場合は、話し合って示談がまとまれば、警察官に届け出る必要はない。

問 80 夜間、高速道路でやむを得ず駐車する場合は、停止表示器材を置くとともに、非常点滅表示灯か、駐車灯または尾灯をつける。

問 81 交通事故が起きた場合、事故現場は事故の続発を防ぐため車を移動したりして、ほかの交通の妨げにならないようにする。

問 82 一般道路における50㏄の二輪車の法定最高速度は、30キロメートル毎時である。

問 83 こう配の急な坂は、上り下りとも徐行しなければならない。

問 84 曲がり角は、見通しの悪いときに限り徐行しなければならない。

問 85 図10の標識のあるところを通るときは、必ず警昔器を鳴らさなければならない。

問 86 最高速度が決められた道路では、交通の流れをよくするために、常に決められた速度いっぱいで走行しなければならない。

問 87 車両とは、普通自動車、大型自動車、原動機付自転車のことである。

問 88 夜間、街路灯などの照明で明るい市街地を通行するときは、前照灯を点灯しなくてもよい。

問 89 大型特殊免許で運転できるのは、大型特殊自動車、大型自動車、小型特殊自動車、原動機付自転車である。

問 90 助手席用のエアバッグを備えている自動車では、できるだけ助手席にチャイルドシートを使用する。

問 91 火災報知機からIメートル以内の場所は、駐停車禁止である。

問 92 大型自動車には、荷台から3・8メートルの高さまで荷物を積むことができる。

問 93 運転中の疲労による影響は、目に最も強く現れ、見落としや見誤りが多くなる。

問 94 図11の標識は、高速自動車国道または自動車専用道路であることを表している。

問 95 タイヤと路面の摩擦は、空走距離と制動距離に関係する。

問 96 運行前点検は、1日1回運転を始める前に行わなければならない。

問 97 高速道路の加速車線、減速車線、登坂車線は、本線車道に含まれない。

問 98 高速自動車国道の本線車道での大型貨物自動車の最高速度は80キロメートル毎時、普通貨物自動車の最高速度は100キロメートル毎時である。

問 99 自動二輪車や原動機付自転車は車体が小さいので、駐停車禁止の場所でも駐停車することができる。

問 100 橋の上は駐車禁止場所である。


解答


 

問1 × 大型乗用自動車、大型貨物自動車のことです。
問2 × 幅寄せや割り込みはできません。
問3 〇 少したわむくらいにしておきます。
問4 〇 ギヤが入りにくくなります。
問5 × 標識により認められた車以外は通行できません。
問6 〇 車は速い遅いに関係なく左側の通行帯を通行します。
問7 × 二輪車は通行できるが、他の自動車は通行できません
問8 × 道路の中央に線が引かれているとは限りません。
問9 〇 交差点を避けて左側に寄り、一時停止します。
問10 〇 硬い踏みごたえのあるときが正常です。
問11 × 徐行ではなくほかの交通に注意して進みます。
問12 × 右,左折するときに徐行します。
問13 〇 故障車のけん引と間違えないようにしましょう。
問14 〇 自動車の正しい右折方法です。
問15 〇 徐行して進行を妨げないようにします。
問16 × 積み荷ではなく、総重量が5.5トンを超える車は通行できません。
問17 〇 道幅が同じような場合は左方車に進路をゆずります。
問18 × 0.5メートルの部分は通行できません。
問19 × 禁止されているのは、幅寄せや割り込みです。
問20 × すみやかに合図をやめなければなりません。
問21 × 天候や路面の状態などで変えなければなりません。
問22 〇 この場合、徐行でなく一時停止です。
問23 〇 1I人以上の乗用自動車は通行できません。
問24 〇 追い越し、追い抜きともに禁止です。
問25 × 後退は禁止されていません。
問26 〇 踏切のこちら側も向こう側も駐停車禁止です。
問27 × 安全確認はしなければなりません。
問28 〇 ほかの車を1台けん引できます。
問29 〇 交差点の直前で停止します。
問30 × 車両通行帯があるときは追い越しができます。
問31 × はじめは軽くかけるようにします。
問32 × 終わりを示しています。
問33 × 徐行や停止をしようとするときに合図します。
問34 × 見張りの人員を乗せることができます。
問35 × 故障車をけん引するときはけん引免許はいりません。
問36 〇 誕生日の1ケ月前からです。
問37 〇 30メートル以内は追い越し禁止です。
問38 〇 人の乗り降りは時間に関係なく停車です。
問39 〇 この場合は5分以内が停車になります。
問40 × 進路を変えることはできません。
問41 × 「歩行者専用」です。軽車両も通行できません。
問42 〇 必ず一時停止します。
問43 〇 車はこの3つに分けられます。
問44 〇 数回に分けて踏みます。
問45 〇 ききが悪くなることがあります。
問46 × エンジンを止めて押して歩くときです。
問47 〇 できるだけゆるやかに左へ進路を変えます。
問48 〇 50メートル後方から見えるときは、つけなくてもかまいません。
問49 〇 1年末満の者は2人乗りできません。
問50 × 「立入り禁止部分」を表しています。
問51 × 上向きにすると乱反射して見えにくくなります。
問52 〇 自動車の幅までです。
問53 × 25メートルを超えてはいけません。
問54 〇 長くなります。
問55 × 駐車のみ禁止です。
問56 〇 乗車定員11人以上の車は中型か大型免許が必要です。
問57 × 🄿の位置にしておきます。
問58 × はみ出さなくても追い越しはできません。
問59 〇 後退で入れ、前進で出るようにします。
問60 × 第一種免許、第二種免許、仮免許の3種です。
問61 〇 故障車をけん引して通行することはできません。
問62 〇 げん惑されたときは停止するのが安全です。
問63 × フットブレーキを使いすぎると起こります。
問64 〇 おおむね4分のIになります。
問65 〇 次の検査時期を示しています。
問66 × 横断歩道や自転車横断帯があることを示しています。
問67 〇 徐行場所であり、追い越し、駐停車禁止場所です。
問68 × 原動機付自転車も追い越してはいけません。
問69 × 直進禁止です。
問70 × 雨天の日に起きやすくなります。
問71 〇 降り始めはスリッブしやすくなります。
問72 × おおむね4倍になります。
問73 〇 駐停車禁止場所です。
問74 × 危険を防止するときは急ブレーキも必要です。
問75 〇 車に備えつけておきます。
問76 × 1メートル手前です。
問77 〇 点灯しなければなりません。
問78 × 左側の目線を目安に、やや左寄りを通行します。
問79 × 届けなければなりません。
問80 〇 停止表示器材と非常点滅表示灯などもつけます。
問81 〇 事故が起きた場合の処置です。
問82 〇 50㏄(原動機付自転車)は30キロメートル毎時です。
問83 × 下りのみ徐行です。
問84 × 見通しのよし悪しに関係なく徐行です。
問85 〇 必ず警音器を鳴らします。
問86 × 安全のためには低い速度で走る場合もあります。
問87 × 自動車、原動機付自転車、軽車両のことです。
問88 × 明るくても点灯しなければなりません。
問89 × 大型自動車は運転できません。
問90 × できるだけ後部座席で使用します。
問91 × 1メートル以内は駐車のみ禁止です。
問92 × 荷台からではなく地上からです。
問93 〇 目に強く表れます。
問94 〇 「自動車専用」の標識です。
問95 × 空走距離には関係しません。
問96 〇 運転を始める前に行います。
問97 〇 加速、減速、登坂車線は含まれません。
問98 〇 大型は80キロメートル、普通は100キロメートルです。
問99 × 駐停車してはいけません。
問100 × そのような決まりはありません。