項目別問題 高速道路 60問


問 1 スタンディングウェーブ現象とは、雨の日、高速で走行すると、タイヤと路面との間に水の層ができ、ハンドルやブレーキが効かなくなることをいう。

問 2 標識や標示で最高速度が指定されていない高速自動車国道の本線車道における大型貨物自動車の最高速度は、100キロメートル毎時である。

問 3 高速道路の本線車道では、追突などの危険があるのでいかなる場合でも車を止めてはいけない。

問 4 本線車道とは、高速道路で通常高速走行する車線の部分で加速車線、減速車線、登坂車線、路側帯、路肩を除いた部分をいう。

問 5 高速自動車国道の本線車道では、最低速度が指定されているが、自動車専用道路の本線車道では定められていない。

問 6 高速道路の本線車道の最も左側の車両通行帯を通行中、左方から救急用自動車がサイレンを鳴らし、赤色警光灯をつけて本線車道へ入ろうとしていたので、右後方の車に注意しながら右側の車両通行帯へ進路を変えた。

問 7 往復の方向別に分離されていない高速自動車国道の本線車道における最高速度は、一般道路における制限速度と同じである。

問 8 中央分離帯のない高速自動車国道の本線車道では、普通乗用自動車も大型貨物自動車も最高速度は60km/hである。

問 9 高速自動車国道の本線車道では、特に指定のない場合、けん引自動車は最も左の車両通行帯を通行しなければならない。

問 10 高速道路の本線車道には、加速車線・減速車線・追越車線は含まれない。

問 11 自動車専用道路は一般道路と違い、高速道路なのでとくに指定のない場合は最低速度は50km/hである。

問 12 高速自動車国道での最高速度は、大型貨物自動車は80km/h、普通貨物自動車(三輪を除く)は100km/hである。

問 13 高速道路の加速車線、減速車線、登坂車線は、本線車道に含まれない。

問 14 高速自動車国道では、故障した自動車をロープでけん引して通行できない。

問 15 高速自動車国道で、他の車をけん引して走行できるのは、けん引するための構造・装置のある車が、けん引されるための構造・装置のある車をけん引する場合に限られる。

問 16 高速道路における登坂車線は、貨物を積んでいるいないにかかわらず、大型貨物自動車が通行しなければならない。

問 17 高速道路の本線車道とは、通常高速走行する部分をいい、加速車線、減速車線等は含まない。

問 18 高速自動車国道で、中央分離帯のない本線車道での法定最高速度は、一般道路の法定最高速度と同じである。

問 19 高速自動車国道における、排気量660cc以下の普通自動車(三輪を除く)と普通自動二輪車(125cc以下を除く)及び大型自動二輪車の法定最高速度は、それぞれ時速100キロメートルである。

問 20 自動車専用道路で、特に速度の指定がないところを普通自動車が80キロメートル毎時で走行した。

問 21 高速自動車国道の本線車道での大型貨物自動車の最高速度は、100キロメートル毎時である。

問 22 本線車道に入ろうとするときは、前方の車より後方からくる車により気をつけなければならない。

問 23 高速道路では、けん引のための構造・装置に関係なく、他の車をけん引して走行してはならない。

問 24 本線車道を走行中は、左側の白線を目安にしてやや左寄りを通行する。

問 25 高速道路における本線車道は、加速車線、減速車線、登坂車線等は含まれない。

問 26 高速自動車国道での大型乗用自動車の法定最高速度は、100キロメートル毎時である。

問 27 本線車道で故障したときは、車を路側帯の左側に沿い非常点滅表示灯をつけたり、トランクやボンネットをあげて駐車位置をはっきり示せばよい。

問 28 高速道路の本線車道を走行するときは、接触事故を防止するため、左側の白線を目安にして、車両通行帯のやや左寄りを走行する。

問 29 高速自動車国道の本線車道では最低速度が指定されているが、自動車専用道路では特に定められていない。

問 30 高速道路の加速車線や減速車線は、本線車道に含まれない。

問 31 高速自動車国道の本線車道における大型乗用自動車の最高速度は、80キロメートル毎時である。

問 32 高速自動車国道の本線車道が道路の構造上往復の方向別に分離されていない区間での最高速度は、一般道路と同じ速度である。

問 33 車両通行帯が三つ以上ある高速自動車国道の本線車道において、大型貨物自動車は最も左側の車両通行帯を通行しなければならない。

問 34 高速自動車国道の本線車道における最高速度は、普通自動車はすべて100キロメートル毎時である。

問 35 本線車道から出るときは、本線車道で十分速度を落としてから減速車線に入るようにする。

問 36 高速自動車国道の本線車道が片側2車線のときは、速度の遅い車は左側、速度の速い車は右側の車両通行帯を通行しなければならない。

問 37 事業所の自動車が高速自動車国道で故障したので、やむを得ず事業所の車でけん引し、回送した。

問 38 車両通行帯が二つ以上ある高速自動車国道の本線車道では、トレーラーは最も左側の車両通行帯を通行しなければならない。

問 39 高速自動車国道の本線車道では、総排気量660cc以下の普通自動車の最高速度は100キロメートル毎時である。

問 40 高速自動車国道で四輪車を運転中、追い越しをして左へ戻るときは、追い越した車の全体がルームミラーに映ってから戻るようにする。

問 41 中央分離帯のない高速自動車国道の本線車道では、660cc以下の普通自動車の最高速度は、60キロメートル毎時である。

問 42 タクシーや大型バスの高速自動車国道での最高速度は、100キロメートル毎時である。

問 43 本線車道とは、高速道路で通常高速走行する部分(加速車線、減速車線、登坂車線、路側帯、路肩を除いた部分)をいう。

問 44 高速自動車国道では、構造上50キロメートル毎時以上の速度の出ない自動車は通行してはいけない。

問 45 高速自動車国道では、けん引するための構造装置があるなしにかかわらず、他の車をけん引しているときは通行できない。

問 46 高速自動車国道の本線車道での大型貨物自動車の最高速度は、80キロメートル毎時である。

問 47 高速自動車国道の本線車道では、特に危険がなければ50キロメートル毎時に達しない速度で通行してはいけない。

問 48 昼間、高速道路で故障し路肩へ止めるときは、普通自動車は、非常点滅表示灯をつければ停止表示器材は置かなくてもよい。

問 49 高速自動車国道の本線車道における最大積載量4,500kgの貨物自動車の最高速度は、100キロメートル毎時である。

問 50 高速自動車国道における、排気量660cc以下の普通自動車(三輪を除く)と普通自動二輪車(125cc以下を除く)及び大型自動二輪車の法定最高速度は、それぞれ時速100キロメートルである。

問 51 高速自動車国道で、中央分離帯のない本線車道での法定最高速度は、一般道路の法定最高速度と同じである。

問 52 高速道路における登坂車線は、貨物を積んでいるいないにかかわらず大型貨物自動車が通行しなければならない。

問 53 高速自動車国道で、他の車をけん引して走行できるのは、けん引するための構造、装置のある車がけん引されるための構造、装置のある車をけん引する場合に限られる。

問 54 高速自動車国道では、けん引自動車は他の車を追い越してはならない。

問 55 高速道路の本線車道とは、通常高速走行する部分をいい加速車線、減速車線等は含まれない。

問 56  図の標識のある自動車専用道路では、トレーラーは原則として本線車道の最も左側の車両通行帯を通行しなければならない。

問 57 年齢が20歳以上、二輪免許取得期間が3年以上の人は、高速道路で二人乗りができる。

問 58 高速自動車国道の路線バスの停留所では、路線バスは停車することが出来るが、観光バスは停車できない。

問 59 標識や標示で最高速度が指定されていない中央分離帯のある高速自動車国道の本線車道での、大型乗用自動車の最高速度は、100キロメートル毎時である。

問 60 中央分離帯のない高速自動車国道の本線車道におけるけん引自動車の最高速度は、60km/hである。

 


項目別 高速道路 解答

 

1 × 問いの現象はハイドロプレーニング現象です。
2 × 大型貨物自動車は80㎞/hです。
3 × 原則として駐停車禁止ですが、危険を避けるためやむを得ない場合は駐停車出来ます。
4 ○ 問いの通りです。
5 ○ 自動車専用道路は一般道路と同じなので最低速度の決まりはありません。
6 ○ 問いの通り緊急自動車を優先させます。
7 ○ 問いの通りです。
8 ○ 問いの通りです。
9 ○ 問いの通りです。
10 × 加速車線・減速車線は含まれませんが、追越車線は本線車道です。
11 × 自動車専用道路は高速道路ですが、速度については一般道路と同じです。
12 ○ 問いの通りです。
13 ○ 問いの通りです。
14 ○ 故障車をけん引しての通行は認められません。
15 ○ 問いの通りです。
16 × 車種に限らず速度の出せない車が通ります。
17 ○ 問いの通りです。
18 ○ 問いの通りです。
19 ○ 問いの通りです。
20 × 法定最高速度を20㎞/h超過しています。
21 × 80㎞/hです。
22 ○ 問いの通りです。
23 × けん引のための構造・装置が備わっていれば走行できます。
24 ○ 問いの通りです。
25 ○ 問いの通りです。
26 ○ 100㎞/hです。
27 × 停止標示機材を使用しなければなりません。
28 ○ 問いの通りです。
29 ○ 自動車専用道路では一般道路の扱いですから、最低速度の決まりはありません。
30 ○ 問いの通りです。
31 × 100km/hです。
32 ○ 問いの通りです。
33 × 車種を問わず速度に応じて通行します。
34 × 三輪のもの、けん引している場合を除きます。
35 × 減速車線に入ってから速度を落とします。
36 × 左の車線を通ります。
37 × 故障車をけん引して通行できません。
38 ○ 問いの通りです。
39 ○ 問いの通りです。
40 ○ 問いの通りです。
41 ○ 一般道路と同じです。
42 ○ 問いの通りです。
43 ○ 問いの通りです。
44 ○ 最低速度50㎞/hですから、通行できません。
45 × けん引のための構造・装置が備わっていれば走行できます。
46 ○ 問いの通りです。
47 ○ 問いの通りです。
48 × 停止標示機材が義務付けられています。
49 ○ 5,000kg未満は、100km/hです。
50 ○ 問いの通りです。
51 ○ 問いの通りです。
52 × 速度の出せない車が通行します。
53 ○ 問いの通りです。
54 × 追い越してはいけない決まりはありません。
55 ○ 問いの通りです。
56 ○ 問いの通りです。
57 ○ 問いの通りです。
58 ○ 路線バス以外は停車出来ません。
59 ○ 問いの通りです。
60 ○ 問いの通りです。