仮免許問題 №24

 

二者択一(〇×)式 50問中45問正解(90%)で合格です。

問 1  酒を飲んで運転してはいけないが、覚せい剤は、ねむ気をさますから、むしろ飲んで運転すべきである。

問 2  交差点では「他の車のかげになっている部分に歩行者や車がいないか」に十分注意する。

問 3  図の標識のあるところで、午後1時から午後2時までの間、60分間駐車した。

問 4  車を運転して交差点付近を通行中に緊急自動車が接近してきたら、父差点をさけ、道路の左側に寄つて徐行する。

問 5  車両通行帯のある道路で車線をしばしば変更すると、後続車の迷惑になり、事故の原因になるのでできるだけ変更しないほうがよい。

問 6  2図のような路側帯は歩行者が通行していなければ、自転車で通行することができる。

7  規制標識は、特定の交通方法を禁止したり、特定の方法に従つて通行するように指定したりするものである。

問 8  車庫などに車を入れるときは、前進で入り後退で出るようにするのがよい。

問 9  図のような標示は、前方に横断歩道か自転車横断帯のあることを表わしている。

問 10  こどもがひとり歩きをしているときには、警音器を鳴らし注意を与えてできるだけ速い速度で通るのがよい。

問 11  図のような標識のあるところでは、車は矢印の方向以外へ進行してはいけない。

12  停止距離とは、ブレーキがきき始めてから、車が停止するまでの距離をいう。

問 13  自転車道でもづ路外の施設に出入りするためなら横切ることができる。

問 14  図のように矢印の方向から進んできて左折するときは、アの位置の信号が青色であれば、イの位置の信号が赤色でも左折することができる。

 

問 15  道路のまがり角であっても、追い越しに十分な余地のあるところでは、前の自動車を追い越すことができる。

問 16  図の標識があるところを通行するときは、強い横風が吹くおそれがあるので、注意して通行する。

 

問 17  オートマチック車は、運転の基本を正しく理解さえすれば、マニュアル車にくらべてより危険が少ないので、安易な気持で運転することができる。

問 18  進路変更をするときは、まず合図をした後、バックミラーなどで後方の安全を確かめる。

問 19  路線バスの専用通行帯は、通行する路線バスが近くにいないときであれば、自動二輪車は、いつでも通行することができる。

問 20  標識などで転回が禁止されているところでも、交通量が少ないときは他の交通に危険をおよぼすことがないので、転回してもよい。

問 21  図のような標識のあるところでは、停止線の直前で一時停止しなければならないが、いつたん停止後は、交差する道路の車に優先して通ることができる。

 

問 22  横断歩道の手前で止まつている車の側方を通過するときは、停止車両のそばを徐行して前方に出る。

問 23  停留所で上まつている路線バスに追いついたときは、バスが発進するまで、後方で停止して待っていなければならない。

問 24  図のような標識のある道路では、大型自動二輪車や普通自動二輪車は二人乗りをして通行してはいけない。

 

問 25  危険をさけるためやむを得ない場合のほかは、急ブレーキをかけてはいけない。

問 26  車両通行帯のない道路では、追い越しなどの場合は別として、道路の左側に寄つて通行しなければならない。

問 27  乗客の乗降のため停留所で止まつている路面電車に追いついた場合は、その後方で停止していなければならないが、安全地帯があるときは乗り降りする人がいてもそのまま徐行しないで通行することができる。

問 28  図のような標示があつたら、交通渋滞で車間距離をつめて徐行中であつても、この標示内に停止してはいけない。

 

問 29  運転者は、交通規則を守つていれば、他の交通利用者のことまで考える必要はない。

問 30  信号機のある踏切では、信号が青色であれば、一時停止や安全確認をしないで通過してよい。

問 31  車両通行帯があるトンネルで、大型貨物自動車を追い越した。

問 32  水たまりや、ぬかるみを通行するときは、泥や水などを飛ばして他人に迷惑をかけないようにする。

問 33  図のように、交通整理の行われていない道幅の同じ交差点にさしかかつた場合には、普通乗用車Bは二輪車Aの通行を妨げてはいけない。

 

問 34  路地や物かげからボールが飛び出してきたときは、つづいて子供が飛び出してくると思つたほうがよい。

問 35  学童の通学路に指定されている歩行者用道路でも、学校長の許可があれば車は通行することができる。

問 36  図の標識は、普通免許を受けた人のうち、運転に自信のない人がつける標識である。

 

問 37  横断歩道や自転車横断帯を通過するときは、横断する歩行者や自転車がいなくても一時停止しなければならない。

問 38  大型免許を受けた者は、大型自動車、中型自動車、普通自動車、大型自動二輪車、小型特殊自動車、原動機付自転車を運転することができる。

問 39  オートマチック四輪車を運転する場合、ブレーキペダルを踏んでおかないと、アクセルペダルを踏まなくても車が動くことがあるが、これをクリープ現象という。

問 40  図のような道路では、矢印のように進行することができる。

 

問 41  乗車定員11人のマイクロバスは、普通免許で運転してもよい。

問 42  上り坂の項上付近は、標識があるときに限り徐行しなければならない。

問 43  車が連続して進行している場合、前の車が交差点や踏切などで停止したり徐行したりしているときは、交通の混雑をさけるためできるだけその前に割り込みをしたほうがよい。

問 44  図の標識をつけた車が通行していたが、危険防止のためやむを得ず、側方へ幅寄せした。

 

問 45  交差点で左折する場合は、先に交差点に入つた右折車を無理に止めてでも、優先して通行することができる。

問 46  図のような手信号のときは、矢印の方向から進むことができる。

 

問 47 自動車を運転する人は、たんに交通法規を守つて運転するだけでなく、万一に備えて自動車保険に加入したり救急用具を車に備えつけるよう心がけなければならない。

問 48  図のような標識のあるときは、追い越しのために進路を変えたり横を通りすぎてはならない。

 

問 49  信号機の青色の灯火は、進めの命令ではないから、横断歩道や踏切の中で、出られなくなるような交通状態のときは、青色でもその中に進入してはならない。

問 50  四輪車に乗つたときのシートの前後の位置は、クラッチを踏み込んだときに、ひざがまつすぐにのびる状態に合わせたほうがよい。






解答と解説 №24

 

問1 ×  飲酒はもちろん、覚せい剤などを飲んで運転してはいけません。
問2 〇 問のとおりです。
問3 〇 問の標識のあるところは、8~20時の間、60分以内の駐車ができます。
問4 × 交差点をさけて、道路の左側に寄って、一時停止しなければなりません。
問5 〇 問のとおりです。
問6 × 問の標示の路側帯は、歩行者用路側帯なので自転車は通行できません。
問7 〇 問のとおりです。
問8 × バックで発進することは危険ですので、バックで入れて前進で出ます。
問9 〇 問のとおりです。
問10 × 一時停止か徐行をしなければなりません。
問11 〇 問の標識は、車は矢印の方向以外へは進行できないことを表わしています。
問12 × 危険を感じて、ブレーキをかけてから、車が停止するまでの距離です。
問13 〇 問のとおりです。
問14 〇 すでに左折しているときは、左折方向の信号が赤でも左折できます。
問15 × 道路のまがり角は、追い越し禁止場所です。
問16 〇 問のとおりです。
問17 × 運転操作の負担は軽くなりますが、安易な気持で運転してはいけません。
問18 × まず、前方や側方、後方などの安全を確かめてから、合図をします。
問19 × 自動二輪車は、右左折や工事などやむを得ないときのみ通行できます。
問20 ×  交通量の多い少ないに関係なく、問の標識がある場所では転回禁止です。
問21 × 一時停止するとともに、交差する道路の車の進行を妨げてはいけません。
問22 × 問の場合は、必ず前方に出る前に一時停止をしなければなりません。
問23 × 安全を確めながら進行できます。
問24 〇 問のとおりです。
問25 〇 問のとおりです。
問26 〇 キープレフトの原則を守って通行しなければなりません。
問27 × 徐行して通行しなければなりません。
問28 〇 問の標示は、停止禁止部分を示すものでこの中に停止してはいけません。
問29 × 相手の立場にたって、思いやりの気持をもって運転することも大切です。
問30 × 一時停止はしなくてもよいが、安全確認はしなければなりません。
問31 〇 車両通行帯があるトンネルは、追い越し禁止場所ではありません。
問32 〇 徐行するなど、注意して通行しなければなりません。
問33 〇 左方からくるA車の進行をB車は妨げてはいけません。
問34 〇 問のとおり、飛び出してくるかもしれないことを予測して運転します。
問35 × 学校長の許可ではなく、警察署長の許可が必要です。
問36 × 普通免許をうけて1年を経過してない者が運転するときつける標識です
問37 × 歩行者や自転車がいないことが明らかなときは、そのまま進めます。
問38 × 大型自動二輪車は運転することはできません。
問39 〇 問のとおりです。
問40 × 進行している側に黄線がありますから、進路を変えてはいけません。
問41 × 普通免許で運転してもよいのは、乗車定員10人までのものです。
問42 × 標識の有無に関係なく、上り坂の項上付近は徐行しなければなりません。
問43 × 前に割り込むようなことは、してはいけません。
問44 〇 やむを得ない場合以外は、幅寄せや割り込みをしてはいけません。
問45 × 無理に右折車の進行を妨げてはいけません。
問46 × 矢印の方向からの交通に対しては、赤色の信号(止まれ)を意味します。
問47 〇 問のとおりです。
問48 〇 問の標識は、追い越し禁止を表わしていますから、問のとおりです。
問49 〇 問のとおりです。
問50 × ひざがわずかにまがる状態に合わせることが大切です。