本免許問題 №67

 

問 1  初心運転者が普通貨物自動車を運転するときは、初心者マークを表示しなくてもよい。

問 2  住宅街でへいや生け垣などで左右の見通しの悪い交差点に入るときは、標識がなくても徐行しなければならない。

問 3  交差点で、赤信号で止まっているとき横の信号が赤に変わったが、前の車が発進しないので発進をうながすため警音器を鳴らした。

問 4  一般道路での車間距離は、速度に関係なく20メートルぐらいあればよい。

問 5  ブレーキを数回に分けて踏むと、後方の車への合図となり事故防止になる。

問 6  図1の標識がある交差点で右折しようとする原動機付自転車は、あらかじめ道路の中央に寄り、交差点の中心の直近の内側を徐行しながら通行しなければならない。

問 7  一方通行の道路では、すべて右側に駐車してもよい。

問 8  交通整理のおこなわれていない交差点では、交差する道路の道幅に関係なく左方からくる車が常に優先する。

問 9  図2の標識のあるところは、警音器を鳴らしてはいけない区間であることを示している。

問 10  高速道路を通行するときは、故障などのために停止することを考えて、停止表示器材を用意する。

問 11  貨物自動車に荷物を積んだとき、荷台に荷物の積みおろしのため、必要最少限度の人を乗せることができる。

問 12  図3の標識のあるところでは、地上から3.3メートルの高さの車は通行できない。

問 13  自家用の普通自動車は、6か月ごとに点検し、必要な整備をしなければならない。

問 14  信号機のある交差点で、停止線がないときの停止位置は、交差点の直前である。

問 15  停止距離は、路面が雨にぬれたり、タイヤがすり減っている場合には、乾燥した路面でタイヤの状態がよい場合に比べて2倍程度のびることがある。

問 16  交通整理の行われていない同じ道幅の交差点で、北へ直進する原動機付自転車と東から右折する普通自動車とでは、普通自動車の方が優先する。

問 17  二輪車で進行中、前方の左側に1台の普通乗用車が駐車していたため、道路の右側部分にはみ出て普通乗用自動車の側方を通過することとなったが、このようなときは進路変更の合図をしてはいけない。

問 18  初心運転者標識をつけている車には幅寄せをしたり、前に割り込んではならない。

問 19  前の自動車が原動機付自転車を追い越そうとしているとき、その自動車を追い越しても二重追い越しにはならない。

問 20  図4の路側帯のあるところでは、0.75メートル以上の余地をあければ、中へ入って駐停車してもよい。

問 21  大型免許をもっている人で、21歳以上の人はどのような大型自動車でも運転することができる。

問 22  電柱に車をぶつけたときは、警察に届けなくてもよい。

問 23  歩道と車道の区別のある道路では、車の片側の車輪を歩道に乗り上げて駐車してもよい。

問 24  安全地帯のそばを通行するときは、歩行者がいてもいなくても徐行しなければならない。

問 25  50キロメートル毎時から20キロメートル毎時に速度を落とせば、徐行したことになる。

問 26  車が連続して進行している場合、前の車が交差点や踏切などの手前で停車したり徐行したりしているのを機会に、その前に割り込むようなことをしてはいけない。

問 27  踏切とその端から前後に10メートル以内の場所では、駐車はできないが停車はかまわない。

問 28  図5の信号では、車は矢印の方向に進むことができる。

問 29  二輪車を運転するときは、ステップに土踏まずを乗せて、足のうらが水平になるようにし、足先をまっすぐ前方に向けて、タンクを両ひざでしめる。

問 30  交通事故が起きたときは、事故の続発を防ぐため、他の交通の妨害にならないよう安全な場所に車を移動して、エンジンを止める。

問 31  二輪車は、四輪車の運転者から見落とされやすいので、目につきやすい色の服装やヘルメットを着用する.

問 32  警察官の灯火による信号で、灯火を頭上に上げているときは、すべての方向に対し、信号機の黄色の信号と同じ意味である.

問 33  道路の左側部分の幅が6メートル以上のとき、見通しがよければ他の車を追い越すために、右側部分にはみ出して通行できる。 

問 34  バスや路面電車の停留所の標示板から10メートル以内の場所は、人の乗り降りのためであれば、運行時間中であっても停車することができる。

問 35  道路の片側に障害物があるところで対向車と行き違うときは、障害物がある側を進行した車が常に優先する。

問 36  図6の標示のところでは、自動車は示された速度以下で運転しなければならない。

問 37  普通免許では、自動二輪車、小型特殊自動車、原動機付自転車を運転することができる。

問 38  疲れているときや薬を飲んだときは運転をしないようにする。

問 39  第一種運転免許では、路線バス、タクシーなどの旅客自動車を旅客運送のために運転することはできない。

問 40  交差点、踏切、横断歩道、自転車横断帯の中はもちろん、これらの場所から30メートル手前の間でも追い越しをするために、進路を変えたり前車の横を通り過ぎてはいけない。

問 41  図7のような信号機のない交差点では、Bは徐行してAの通行を妨げないようにする。

問 42  大型特殊免許で普通自動車を運転することができる。

問 43  道路のまがり角から10メートル以内の場所は、駐停車が禁止されている。

問 44 「一時停止」の標識のあるところでは、太い白線があればそのすぐ手前で一時停止し、交差している道路の車などの進行を妨げてはならない。

問 45  標識や標示による指定がない一般道路での自動二輪車の最高速度は、すべて60キロメートル毎時である。

問 46  交通整理が行われている交差点で、警察官が「止まれ」の手信号をしていたが、交通量も少なく、交通事故の起きる危険性もなかったので、速度を落としてそのまま通行した。

問 47  携帯電話を走行中に使用すると、周囲の交通の状況等に対する注意力が不十分になったり、運転操作が不安定になり危険である。

問 48  普通免許では、乗車定員11人以上のマイクロバスは運転できない。

問 49  普通自動車で750キログラム以下の車をけん引するときは、けん引免許はいらない。
問 50  図8の標識のあるところでは、落石のおそれがある。

問 51  雪道を通行する場合は、前の車の通った跡を選んで通る方がよい。

問 52  高遠道路を通行するときは、タイヤの空気圧をやや低めにする。

問 53  図9の標識のあるところは、大型乗用自動車以外の大型自動車や大型特殊自動車は通行できない。

問 54  トンネルの中は、車両通行帯があっても追い越しが禁止されている。

問 55  高速自動車国道では、大型貨物自動車の最高速度は100キロメートル毎時である。

問 56  坂道で車が安全に行き違いすることができないときは、下りの車が上りの車に進路を譲る

問 57  踏切での安全確認は、停止線の位置では完全に確認できない場合もあるので、徐々に踏切内に入って確かめた方がよい。

問 58  自動車がバックで発進することは危険であるから、車庫などに入れるときは、発進しやすいようにバックで入れておく。

問 59  カーブのまがり方は、その手前の直線部分で速度を落としカーブの後半でやや加速する。

問 60  図10の標示は、「立入り禁止部分」を表している。

問 61  高速道路を通行するときは、故障などのために停止することを考えて、停止表示器材を用意する。

問 62  駐車するとき、オートマチック車では、チェンジレバーは場所に関係なく囲の位置に入れておく。

問 63  車が夜間に道路を通行するときは、市街地などで50メートル前方が確認できるような道路照明が設けられているときは、灯火をつけなくてもよい。

問 64  上り坂の頂上付近やこう配のゆるやかな長い下り坂では、徐行しなければならない。

問 65  自動車検査証は、自宅に保管してあれば車に備えつけなくてもよい。

問 66  車を運転して集団で走行する場合は、ジグザグ運転などをしてはならない。

問 67  図11の標識は、十形道路交差点があることを表している。

問 68  シートベルトは、骨盤を巻くようにしっかりしめる。

問 69  車の出入口で自動車を停め、乗客10人を降ろした後、駐車場に車を入れた。

問 70  ガソリンスタンドに入るため、歩道を横切る場合は、歩行者に注意して徐行しながら進む。

問 71  横断歩道の手前4メートルのところで荷物を降ろすため、5分以内の停車をした。

問 72  総排気量が660cc以下の普通自動車の一般道路における最高速度は、60キロメートル毎時である。

問 73  原動機付自転車は、交通が混雑している道路で路側帯があるときは、その路側帯を通行することができる。

問 74  高遠自動車国道の本線車道では、左側の白線を目やすにしてなるべく車両通行帯のやや左寄りを走行する。

問 75  二輪車のブレーキは、車体を垂直に保ち、ハンドルを切らないで前後輪同時にかける。

問 76  図12の標識は、この先の道路に路面電車の停留所があることを示している。

問 77  高速自動車国道の本線車道に入るときは、加速車線で十分加速してから入る。

問 78  構造上50キロメートル毎時以上の速度の出ない自動車は、高速自動車国道を通行できない。

問 79  オートマチック車のエンジンをかけるときは、チェンジレバーの位置を[胆にしておく。

問 80  右折や左折をする合図の時期は、右左折しようとする地点の30メートル手前に達したときである。

問 81  住宅地で、へいや生け垣などで左右の見通しの悪い交差点に入るときは、標識がなければ徐行しなくてもよい。

問 82  定員5人の普通自動車には、12歳未満の子どもを6人乗せることができる。

問 83  図13の標識は、「横断歩道」を表している。

問 84   停車している通学通園バスのそばを通るときは、必ず一時停止しなければならない。

問 85  こう配の急な上り坂や下り坂は、駐停車禁止である。

問 86  運行前点検のときには、非常信号用具や停止表示器材などの装備品も確かめることが必要である。

問 87  走行中タイヤがパンクしたときは、急ブレーキをかけてはならない。

問 88  高速自動車国道の本線車道が往復の方向に分離されていない区間での最高速度は、一般道路と同じである。

問 89  自動車のハンドルの点検は、静止状態でハンドルをまわしてみて少しでもあそびがあってはならない。

問 90  交通規則を守ることは、社会人としての責務である。

問 91  オートマチック車で、発進のためチェンジレバーを操作したりするときは、フットブレーキをしっかり踏んでおく。

問 92  図14の標識は、「落石注意」を示している。

問 93  正しい運転姿勢をとるためのシートの前後の位置は、クラッチを踏み込んだとき、ひざがわずかにまがる状態がよい。

問 94  運転中に大地震が発生したときは、急ブレーキをかけて停止し、エンジンキーをつけたまま避難する。

問 95  他の車をけん引しているため、50キロメートル毎時以上の速度で走ることのできない自動車は、高速自動車国道を通行することができない。

問 96  長い下り坂では、エンジンブレーキとフットブレーキを併用した方がよい。

問 97  車が停止するときの合図の場所は、停止しようとするときである。

問 98  道路工事の区域の端から5メートル以内の場所は、駐車することはできないが停車することはかまわない。

問 99  走行中は一点だけを見ないで、広くまわりに注意を払うのがよい。

問 100  一般道路での大型乗用車の最高速度は、50キロメートル毎時である。

 

 

 


解答と解説 №67

 

問1 〔誤〕 初心者マークをつけなければいけません。
問2 〔正〕 徐行しなければいけません。
問3 〔誤〕 警音器を鳴らしてはいけません。
問4 〔誤〕 速度が速くなるほど車間距離もあけます。
問5 〔正〕 制動効果もよく、合図の役目もします。
問6 〔正〕 原動機付自転車の小まわり右折です。
問7 〔誤〕 右側に駐車してはいけません。
問8 〔誤〕 広い道幅の方を優先させます。
問9 〔誤〕 鳴らさなければいけない区間です。
問10 〔正〕 停止表示器材を用意しておかなければいけません。
問11 〔誤〕 荷物の積みおろしのために乗せることはできません。
問12 〔誤〕 3.3メートルの高さの車は通行できます。
問13 〔誤〕 一年ごとに定期点検が必要です。
問14 〔正〕 停止線のないときは、交差点の直前です。
問15 〔正〕 2倍程度のびることがあります。
問16 〔誤〕 原動機付自転車が左方車になります。
問17 〔誤〕 進路変更の合図をします。
問18 〔正〕 幅寄せや割り込みをしてはいけません。
問19 〔正〕 原付でなく、自動車の場合が二重追い越しになります。
問20 〔誤〕 駐停車はできません。
問21 〔誤〕 この他3年以上の免許期間が必要です。
問22 〔誤〕 警察に届けなければいけません。
問23 〔誤〕 車道の左端に沿って駐車します。
問24 〔誤〕 歩行者がいるときは徐行です。
問25 〔誤〕 速度を落としただけでは徐行になりません。
問26 〔正〕 割り込みをしてはいけません。
問27 〔誤〕 停車も禁止です。
問28 〔誤〕 黄色の矢印は路面電車専用です。
問29 〔正〕 二輪乗車の基本姿勢です。
問30 〔正〕 警察官への届け出も必要です。
問31 〔正〕 明るい色のものが有効です。
問32 〔誤〕 身体に対面している交通は赤信号です。
問33 〔誤〕 6メートル未満のときは、はみ出して通行できます。
問34 〔誤〕 運行時間中は駐停車禁止です。
間35 〔誤〕 障害物のある側の車が道を譲ります。
問36 〔正〕 50キロメートル毎時以下で走行します。
問37 〔誤〕 自動二輪車は運転できません。
問38 〔正〕 とくに睡眠作用のある薬は注意します。
問39 〔正〕 第一種運転免許では運転できません。
間40 〔正〕 追い越し禁止場所です。
問41 〔正〕 A車は優先道路を走行しています。
間42 〔誤〕 普通自動車は運転できません。
問43 〔誤〕 5メートル以内です。
問44 〔正〕 停止線があれば停止線の手前で停止します。
問45 〔正〕 自動二輪車は60キロメートル毎時です。
問46 〔誤〕 手信号に従わなければなりません。
問47 〔正〕 運転中は電源を切るなどの措置をしておきます。
問48 〔正〕 普通免許では10人までです。
問49 〔正〕 750キログラムをこえるとけん引免許が必要です。
問50 〔誤〕 「路面凹凸あり」の標識です。
問51 〔正〕 前の車の通った跡を通るのが安全です。
問52 〔誤〕 やや高めにします。
問53 〔正〕 大型貨物車や大型特殊車は通行できません。
問54 〔誤〕 車両通行帯があれば禁止ではありません。
問55 〔誤〕 80キロメートル毎時です。
問56 〔正〕 下りの車が進路を譲ります。
問57 〔誤〕 踏切内に入って確かめてはいけません。
問58 〔正〕 出るときのことを考えておきましょう。
問59 〔正〕 カーブ内に入ってブレーキをかけてはいけません。
問60 〔誤〕 「停止禁止部分」の標示です。
問61 〔正〕 停止表示器材を用意しておきましょう。
問62 〔正〕 🄿の位置にします。
問63 〔誤〕 灯火はつけなければいけません。
問64 〔誤〕 ゆるやかな下り坂は徐行場所ではありません。
問65 〔誤〕 車に備えつけます。
問66 〔正〕 他の車に危険や迷惑をおよぼしてはいけません。
問67 〔正〕 図形のとおり交差点を表しています。
問68 〔正〕 腹にかかってはいけません。
問69 〔正〕 人の乗り降りのための停車は駐車ではありません。
問70 〔誤〕 一時停正しなければいけません。
問71 〔誤〕 駐車も停車も禁止場所です。
問72 〔正〕 60キロメートル毎時です。
問73 〔誤〕 混雑に関係なく通行できません。
問74 〔正〕 高速道路走行の基本です。
問75 〔正〕 前後輪ブレーキを同時にかけます。
問76 〔誤〕 「踏切あり」を示しています。
問77 〔正〕 本線車道上の車の速度ぐらいになるまで加速します。
問78 〔正〕 125CC以下の自動二輪車なども通行できません。
問79 〔正〕 ⓅかⓃ以外ではエンジンはかかりません。
問80 〔正〕 30メートル手前からです。
問81 〔誤〕 徐行しなければいけません。
問82 〔正〕 12歳未満の子どもは、3人を大人2人とします。
問83 〔誤〕 「歩行者専用」の標識です。
問84 〔誤〕 一時停止する必要はありません。
問85 〔正〕 急な坂は上り下りとも駐停車禁止です。
問86 〔正〕 装備品も確かめましょう。
問87 〔正〕 急ブレーキをかけてはいけません。
問88 〔正〕 一般道路と同じです。
問89 〔誤〕 ハンドルのあそびは多くても少なくてもいけません。
問90 〔正〕 ルールを守ることが社会人としてのつとめです。
問91 〔正〕 オートマチック車の事故は発進時に多いのです。
問92 〔誤〕 「その他の危険」を示しています。
問93 〔正〕 余裕のある姿勢がベストです。
問94 〔誤〕 急ハンドル、急ブレーキはできるだけさけます。
問95 〔正〕 通行できません。
問96 〔正〕 エンジンブレーキを主として使います。
問97 〔正〕 停正しようとするときに合図をします。
問98 〔正〕 駐車禁止場所です。
問99 〔正〕 広くまわりを見るようにします。
問100 〔誤〕 60キロメートル毎時です。