本免許問題 №52

問1 歩行者用道路は、自動車は通行できないが、軽車両や原動機付自転車は通行できる。

問2 横断歩道や自転車横断帯とその手前から5メートル以内の場所は、駐車も停車もできないが、その先の5メートル以内の場所には駐車も停車もできる。

問3 進路を変更すると、後車が急ブレーキや、急ハンドルで避けなければならないときは、進路変更してはならない。

問4 バス停留所から30メートル以内では、追い越しが禁止されている。

問5 長距離運転するときは、昼間よりも夜間走行する方が、交通量も少なく、つかれも少ない。        ・

問6 交通事故を起こすと、自動車損害賠償責任保険証書が必要となるので、紛失しないようコピーしたものでよい。

問7 オートマチック車を運転し、上り坂などで停止したとき、アクセルペダルをわずかに踏む。

問8 高速道路を走行中、故障等のため運転することができなくなったときは、できればセルモーターを使って路側帯や路肩に移動させる。(ただし、オートマチック車を除く)

問9 6歳未満の幼児を車に乗せて運転するときは、どんなときでもチャイルドシートを使用すべきである。

問10 運転中に携帯電話で通話することは、交通量が多く混んでいる道路では禁止されているが、交通量も少なく運転の妨げにならなければ禁止していない。

問11 1図の標識は「最低速度30キロメートル毎時」をあらわしている。

問12 2図の標識は、車両はすべて通行できないが歩行者は通行してよい。

問13 3図の標示は「横断歩道又は自転車横断帯あり」をあらわしている。

問14 4図の標示は、最高速度50キロメートル毎時の区間の始まりをあらわしている。

問15 5図の標識は「警笛禁止」を意味する。

問16 6図の標識は「車両通行止め」を意味する。

問17 7図の標識は「二輪車以外の車両通行止め」を意味する。

問18 8図は交通整理の行なわれていない道幅の同じ交差点に入ろうとしているが、二輪が優先して通行できる。

問19 9図の標示のある道路を通行する車は、対向車に注意をし、できるだけはみ出しを少なくして通行する。

問20 10図の標識は「追越し禁止」のみをあらわしたものである。

問21 歩道や路側帯のない道路で駐車するときは、車の左側に0.75メートルの余地をあける。

問22 普通自動二輪車を運転し、カーブにさしかかったとき、カーブの直前で減速した。

問23 普通自動車を運転し、後退をするときは、シートベルトはつけなくてよい。

問24 走行中、速度が速いほど注視点が遠くなり、近くが見えなくなる。

問25 トンネル内を通行するときは方向指示器をつけるか、非常点滅表示灯をつけるようにする。

問26 自動車専用道路で、標識等で速度の指定がないところでは、一般道路と同じ速度で進行しなければならない。

問27 本線車道に入ろうとするときは、前方の車より後方からくる車に気をつけなければならない。

問28 本線車道から出るときは、減速車線を通り感覚にたよちず速度計で確かめて速度を落とす。

問29 霧の日は早めにライトをつけるが、上向きにした方が見とおしがよくきく。

問30 信号機のない踏切ではその手前で一時停止し、窓をあけ、目と耳で左右の安全を確かめる。

問31 走行中に後車から追い越されるときは、速度を下げなければならない。

問32 右、左折する場合は、必ず徐行しなければならない。

問33 「こう配の急な坂」では、車の輪止めをすれば、駐車することができる。

問34 進路の前方に障害物があるときは、あらかじめ一時停止か減速して対向車に道をゆずる。

問35 長時間運転を続けるときは、2時間に1回は運転をやめて休息をとるようにする。

問36 高速自動車国道を通行中、故障したが昼間であったので路側帯に入れて止め、非常点滅表示灯だけをつけた。

問37 駐車場、車庫などの自動車専用の出入口から3メートル以内の場所は駐車してはならない。

問38 追い越し中は、追い越す車との間がなるべく接近するようにして追い越す。

問39 大型自動車等が左折するとき、一時右側に寄ることがあるが、子供の自転車等が左側があいていると思って通行することがあるので、内輪差に注意して左折しなければならない。

問40 故障車をロープ等でけん引するとき、けん引する車と故障車の間は、5メートル以内にする。

問41 坂道の狭い道路で車が行き違うとき、待避所があるときは、お互いの車に優先権は生じないので状況に応じどちらかが先に待避所に入り、お互いにゆずり合って通行するのが交通のマナーである。

問42 下り坂を走行するときは、エンジンブレーキをかけるが、エンジンスイッチは切った方がよい。

問43 住宅街の見とおしのきかない交差点に近づいたが、いつ子供が飛び出してくるか分からないので、あらかじめ警音器を鳴らし速度を落として通行した。

問44 エンジンをとめて二輪車を押して歩くときでも、横断歩道や歩道は通行できない。

問45 止まっている通学通園バスのそばをとおるとき、保母が児童に付き添っていたので徐行しないで側方を通った。

問46 自転車横断帯の直前で停止している車があっても、進路の前方を横断している自転車が見えないときは、そのまま通行してよい。

問47 追い越しをしようとするとき、必ず警音器を鳴らさなければならない。

問48 前方混雑のため踏切内で停止することになるおそれがあったが、警報機が鳴っていないのでそのまま進入した。

問49 狭い道路から広い道路にはいるときは、徐行して広い道路を通行する車の進行を妨げないようにする。

問50 夜間横断歩道に近づいた時、ライトの光で横断歩道を横断する人が見えなかったが、対向車のライトで歩行者が見えなくなることもあるので、横断歩道の手前で停止できるように十分速度を落として進行した。

問51 交差点の中で対面する信号が青色から黄色になったときは、その場に停止しなければならない。

問52 やむを得ず急ブレーキをかけるときは、クラッチとブレーキを同時に踏みこむ。

問53 自動車は急に止まれないので、前車との距離や速度を考えて運転しなければならない。

問54 車に働く制動距離や遠心力は、速度が2倍になればほぼ4倍になる。

問55 ガソリンスタンドから出るとき、誘導員の合図があったので、徐行して歩道を横切った。

問56 路線バス等優先通行帯を通行中、後方から通園バスが接近してきたので他の車線に進路を変えた。

問57 自動車専用道路で、特に速度の指定がないところを普通自動車が80キロメートル毎時で進行した。

問58 速度が一定であれば、路面の状態に関係なく停止距離は常に同じである。

問59 交通が混雑している交差点にさしかかったとき、反対方向からきた車が右折しようとしてきたが、直進優先だからそのまま進行して交差点内で停止した。

問60 自動車の乗車定員は、検査証に記載されている乗車定員に運転者を加えたものをいう。

問61 車を運転する場合、ハンドルを持ったとき、ひじは少しでもまがっていてはならない。

問62 日常点検のときは、方向指示器が不良であっても、手による合図ができるのでそのまま運転してよい。

問63 対面する信号機の灯火が「黄色の点滅」のときは、他の交通に注意しながら進行してよい。

問64 オートマチック車が駐車するときは、道路の状態や時間に関係なくチェンジレバーを「P」に入れる。

問65 明るさが急に変わると、視力が急激に低下するので、トンネルに入る前に速度を落とした。

問66 右折しようとするときは、交差点の直前で道路の中央に寄らなければならない。

問67 非常信号用具の赤色灯や発炎筒は、普通自動車だけに備えればよい。

問68 通行している道路が優先道路であれば、横断歩道の手前30メートル以内で追い越してもよい。

問69 大型自動二輪車を運転し、トンネルから出ようとするときは、出口付近は強い横風が吹いている場合があるので前もって前かがみになって運転する。

問70 車の内輪差とは、自動車が右左折するとき、後輪が前輪より外側を通ることをいう。

問71 歩道や路側帯のない道路を通行するときは、路肩(路端から0.5メートル以内)にはみ出してはならない。

問72 走行中パンクしたときは、急ブレーキはさけ、ハンドルをしっかりにぎりブレーキは断続的に踏む。

問73 夜間対向車と行き違うときは前照灯を減光するか、下向きにする。

問74 乾燥した路面でタイヤが新しいとき、時速40キロメートルでは約20メートル、時速80キロメートルでは約80メートルの車間距離が必要である。

問75 自転車横断帯の手前にきたとき、進路の前方を自転車が立ち止まり、自動車の方を見て、分かっている状態だったので、徐行して通過した。

問76 本線車道に入ろうとする緊急自動車よりも、本線車道を通行している一般の自動車が優先する。

問77 走行中、大地震が発生したので、急ハンドル、急ブレーキをさけ、左側に停止し、すぐに車から離れた。

問78 運転免許は、第一種運転免許、第二種運転免許、仮運転免許の三つに区分されている。

問79 車両通行帯のない道路では原則として、普通自動車は中央寄りの部分を通行しなければならない。

問80 信号機の青の灯火は、「進め」だから、前方の交通に関係なくすぐに発進しなければならない。

問81 高速自動車国道における自動車の最高速度は、車種に関係なく100キロメートル毎時である。

問82 初心運転者が夜間走行するときは、室内灯をつけた方がよい。

問83 交差点で右折しようとしたとき、対向車の右折車のかげに自動二輪車が見えたが速度もおそく遠くに見えたので、そのまま通行した。

問84 標識等で指定された路線バス専用通行帯では路線バスが通行していないときは、その通行帯を通ってもよい。

問85 夜間、照明のない道路で駐停車するときは、尾灯、駐車灯をつけるか、または停止表示器材を置かなければならない。

問86 交差点にはいるとき一時停止の標識があっても、直前で徐行し、安全を確かめれば停止しなくてもよい。

問87 左右の見通しがきかない交差点(信号機がある場合や優先道路を除く)を通行する車は徐行しなければならないが、状況に応じては一時停止して通行する。

問88 路線バスが発進の合図をして動き出したが、警音器を鳴らし、前車に続いてこれを追い越した。

問89 二輪車でぬかるみ等を通るときは、低速ギアにしスロットルで速度を一定にし、ブレーキをかけたり、急加速をしたりしないようにする。

問90 高速道路を通行するときは、タイヤの空気圧を一般道路の場合よりもやや高めにする。

91  30km/hで進行しています。交差点を直進するときはどのようなことに注意して運転しますか?

① 前方の歩行者は横断を終わろうとしているので、交差点ではできるだけ左側に寄ってその動きに注意しながらこのままの速度で進行する。
② 交差点の見通しが悪いので、その手前でいつでも止まれるような速度に落とす。
③ 交差する道路から歩行者が出てくるかもしれないので、カーブミラーや自分の目で左右の安全を確かめて進行する。

問92 加速車線を60km/hで進行しています。本線車道に合流するとき、どのようなことに注意して運転しますか。

①すぐ右側の本線車道に車の切れ目があるので、機会を逃さず直ちに合流する。
②本線車道後方に車が接近しているので、その車の後ろに合流できるよう速度を調節する。
③ミラーの死角に車がいるかもしれないので、目視による安全確認をしてから合流する。

問93  40km/hで進行しています。どのようなことに注意して運転しますか。

①通園バスはまだ発進しないと思うので、対向車線にはみ出してこのまま通過する。
②大人が一緒にいれば、子供が飛び出すことはないので、このままの速度で通過する。
③通園バスの前を子供が横断するかもしれないので、警音器を鳴らして通過する。

問94  50km/hで進行しています。連続する下り坂を進行するときは、どのようなことに注意して運転しますか。

① 車体をかたむけすぎると横すべりをおこしてガードレールに衝突するおそれがあるので、自然にまがれるように速度をおとして進行する。
② 対向車が道路の中央からはみでてくるかもしれないので、速度をおとして、道路の左寄りを進行する。
③ 二輪車は機動性に富んでおり、連続するカーブでは、その特性を生かせるので、車体を十分かたむけて進行する。

問 95  40km/hで進行しています。どのようなことに注意して運転しますか。

① 歩行者が横断すると危険なので、車の接近を知らせるため前照灯を上向きにして進行する。
② 車の間から歩行者が横断するかもしれないので、速度をおとして進行する。
③ 歩行者は前方の横断歩道を横断し、車の直前は横断しないと思われるので、青信号で通過できるように加速して、進行する。

 

 

解答と解説 №52

 

問1 × 沿道に車庫を持つ車など許可を受けた車しか通行できない.
問2 × 前後5m以内が禁止.従って手前及び向う側の5m以内禁止.
問3 ○ 問の通りです。
問4 × バス停10m以内は駐停車禁止.
問5 × 夜間の方が視界も悪く、注意力、ライトの光等でつかれやすい.
問6 × 原本が必要です。
問7 × ブレーキを踏み、サイドブレーキをかける.アクセルは踏まない.
問8 ○ 踏切や高速道路における緊急措置です.
問9 × 必ず使用すべきとは限らない病気緊急時、パス、タクシー等の場合は使用しなくてよい.
問10 × 混雑に関係なく禁止です。
問11 × 最高速度30キロメートル毎時です。
問12 × 「通行止め」車も、人も通行できない.
問13 ○ 問の通りです。
問14 × 終わりを意味する
問15 × 禁止ではなく警笛鳴らせです。
問16 ○ 問の通りです。
問17 × 二輪車通行止め、自動二輪車と原付の通行止めです。
問18 ○ 左方優先の規定により左方の二輪優先.この場合車の大きい小さいは関係なし.
問19 ○ 問の通りです。
問20 × はみ出し追い越し禁止を意味し.例えば道路の左側部分で追い越してもよい.
問21 × できる限り左端にそう、0.75mあけるのは路側帯がある時.
問22 × 直前とか途中では遅い.カープの手前の直線部分で減速する.
問23 ○ 後退、病気等の場合つけなくてよい.
問24 ○ 問の通りです。
問25 × ライトはつけるが方向指示器等はつけない.
問26 ○ 問の通りです。
問27 ○ 問の通りです。
問28 ○ 問の通りです。
問29 × 露のときはライトの向きは必ず下向きにする.
問30 ○ 問の通りです。
問31 × 速度を増してはならないが、下げる義務はない.
問32 ○ 問の通りです。
問33 × 「こう配の急な坂」は上り、下り共に註停車禁止. 
問34 ○ 問の通りです。
問35 ○ 問の通りです。
問36 × 停止表示器材は昼夜に関係なく必ず後方に置く.
問37 ○ 問の通りです。
問38 × 安全な間隔を保ちます。
問39 ○ 問の通りです。
問40 ○ 問の通りです。
問41 ○ 待避所がない鳩合.上りが優先するが、あれば優先権はない.
問42 × エンジンスイッチを切ると、ブレーキ機能が働かない。
問43 × 目前に危険がせまれぱ鳴らしてよいが、予測して早めに鳴らしてはならない.
問44 × 歩行者とみなされます。
問45 × どんなに安全と分かっていても必ず徐行を守る
問46 × 横断歩道の直前で停止している車があれば赤信号と思えばよい.必ず停止すること.
問47 × 警音器を鳴らしてはいけない。
問48 × 進入してはならない。
問49 ○ 問の通りです。
問50 ○ 蒸発現象が起こるので、問のようにします。
問51 × 速やかに通過します。
問52 × クラッチは踏まずにブレーキだけ踏む.
問53 ○ 問の通りです。
問54 ○ 速度の二乗に比例します。
問55 × 例え合図があっても、横切る場合は直前で一時停止.
問56 ○ 路線バスが近づいてきた場合と同じく他の車線に出る.
問57 × 指定速度が出ていないときは一般道路と同じ速度.(60キロ)
問58 × 路面の状態に関係します。
問59 × 交差点内で停止してはいけません。
問60 × 乗車定員の内に運転者も含まれている.
問61 × ひじにゆとりが必要です。
問62 × 不良があれば運転してはいけない。
問63 ○ 黄の点滅→注意進行.赤の点滅→一時停止し安全確認して進行.
問64 ○ 駐車のときは必ず🄿にするが停車のときはⒹのままでよい.
問65 ○ 暗順応があるので速度を落とします。
問66 × 直前ではなく交差点の手前30mまでに中央に寄る.
問67 × 普通車だけでなく他の自動車にも備え付け義務あり.
問68 × 例え優先道路を通行していても横断歩遭の手前30m以内は追い越し禁止.
問69 × トンネルは入るとき又出るとき常に減速するが、二輪車の前かがみ姿勢はよくない.
問70 × 後輪は前輪の内側を通る.(内輪差)
問71 ○ 問の通りです。
問72 ○ 問の通りです。
問73 ○ 問の通りです。
問74 ○ 40キロー20m、60キロ→40m、80キロ→80m、100キロ→100m.
問75 × 車は停止して歩行者を先に通す.
問76 × 緊急自動車に譲ります。
問77 × 車から離れる前にまずラジオ等で情報を聞くこと.
問78 ○ 問の通りです。
問79 × 左側部分の左寄りを通行します。
問80 × 前方の信号が青色であっても、交通が混んでいる場合等、停止して待つ.
問81 × 80㎞/hに規制される車があります。
問82 × 路線パス以外の車は走行中に室内灯はつけない.
問83 × 二輪車は遠く・遅く見えがちなので注意すべきである。
問84 × 通行できる場合は次の3つだけ.1.工事中、2.緊急車の按近、3.左折のため左側に寄る場合.
問85 ○ 一般道路の場合、灯火をつけるか、停止表示器材を置くかのいずれかでよいが、高速道路では、必ず両方必要となる.
問86 × 必ず停止して安全を確認する。
問87 ○ 問の通りです。
問88 × パスが発進の合図をしたときは、一時停止又は徐行等をしてバスの発進を妨げないようにする.
問89 ○ 問の通りです。
問90 ○ 問の通りです。

問91
1 ×
2 ○
3 ○
交差点とその付近は、最も事故が多い場所です。交差点に入ろうとするときや交差点内を通行するときは、他の車や歩行者などに気をくばりながら,交差点の状況に応じてできる限り安全な速度と方法で進行しなければなりません。

問92
1 ×
2 ○
3 ○
加速車線上で十分な加速ができないまま無理に合流すると、本線車道を走行している車に追突されるかもしれません。また、進入のタイミングを逃すと、加速車線の先端に停止することになり、本線車道へのスムーズな合流ができなくなります。
加速車線では十分に加速するとともに、ミラーや目視で安全を確認し、合流するポイントを早めに決めましょう.

問93
1 ×
2 ×
3 ×
子供は視野の狭さや状況判断力の弱さから、衝動的な行動に出やすい傾向があります。
この場合、右側にいる歩行者は園児を迎えにきた母親と考えられます。そのため母親の元へ行こうとバスの前から子供が飛び出してくることが予測できます。バスと歩行者の両方に安全な間隔をあけ、いつでも止まれる速度に落として通過しましょう。

問94
1 ○
2 ○
3 ×
車体をかたむけすきると、横すべりを起こし転倒する危険があります。

問95
1 ×
2 ○
3 ×
大型車がブレーキを踏むと衝突するおそれがあります。
横断歩行者などと接触するおそれがあります。