本免許問題 №31


 文章問題90問(90点)イラスト問題5問(10点)合計100点中90点で合格です。 
(イラスト問題は3問とも〇×で解答し3問とも正解で2点、1問でも不正解で0点です。)

1 「初心運転者標識」は普通免許を受けて間もない者のうち、運転に自信のない者がつけるもので、運転に自信のある者はつけなくてもよい。

問2 長い下り坂を走行するときは、四輪車はフットブレーキ、二輪車は前・後輪ブレーキを主として使い、エンジンブレーキは補助的に使うのがよい。

問3 高速道路において車が故障な ため運転できなくなり、やむを得ず駐車する場合 には、十分な幅のある路肩や路側帯に駐車させなければならない。

問4 横断歩道のない交差点またはその付近を横断している歩行者がいる場合は、減速、徐行、一時停止などしてその通行を妨げてはならない。

問5 1図の標示内は、通行してもよいが停止してはならない。

問6 これから運転しようとする人に酒類を出したり、すすめたりしてはいけない。

問7 高速自動車国道での車間距離は、路面が乾燥しタイヤが新しい場合、時速100キロメートルでは約100メートル必要である。

問8 交通整理の行われている片側三車線以上(多通行帯道路)の交差点で原動機付自転車が右折するときは、標識などによる指定がなければ、二段階の方法によって右折しなければならない。

問9 路面電車に乗り降りする人がいるときは、安全地帯の有無に関係なく、乗降客や道路を横断する人がいなくなるまで停止していなければならない。

問10 2図の標識のある道路では、大型貨物自動車と特定中型貨物自動車、大型特殊自動車は、最も左側の車両通行帯を通行しなければならない。

問11 6歳未満の幼児を四輪車に乗せるときは、後部座席に乗せれば、チャイルドシートを使用する必要はない。

問12 遠心力は、およそ速度の二乗に比例して大きくなり、カーブの半径が小さいほど大きくなる。

問13 他の車に追い越されるときは、加速さえしなければ追い越しに十分な余地がなくても特に進路をゆずる必要はない。

問14 3図のようなカーブのまがり方はよい。

15 対向車と正面衝突しそうになったときは、最後まであきらめないで少しでもブレーキとハンドルでかわすようにする。

問16 二輪車を運転中、四輪車から見える位置にいれば、四輪車から見落とされることはない。

問17 4図の標識のあるところでも、荷台から高さ3.3メートルまで荷物を積んだ車は通行できる。

問18 トンネルでは、車両通行帯があるときは、駐車や停車をすることができる。

問19 高齢者や子供などの歩行者のなかには、予期しない行動をする者があるので、その動きに十分注意して運転しなければならない。

問20 一般道路で昼間、故障のため普通自動車を駐車するときは、停止表示器材を置いたり、トランクやボンネットをあけて故障車であることがわかるよう にする。

問21 夜間、一般道路に普通自動車を駐停車する場合 車の後方に停止表示器材を置いても、非常点滅表示灯や駐車灯、又は尾灯をつけなければならない。

問22 車の所有者は、無免許の人や酒を飲んだ人に車を貸したり、車を勝手に持ち出されないように管理しなければならない。

問23 5図の標識のあるところでは、自動車や原動機付自転車を追い越すため、進路を変えたり、その横を通り過ぎたりしてはならない。

問24 後退するときの手の合図は、腕を車の外に出して斜め下にのばし、手のひらを後ろに向け腕を前後に動かす。

問25 下り坂では加速度がつき停止距離が長くなるので、車間距離を平地の場合より多めにとるようにする。

問26 オートマチック車は、停止しているときにはチェンジレバーが🄿かⓃ 以外の位置では、クリープ現象のためアクセルを踏まなくても動き出すので、ハンドブレーキをかけたり、ブレーキペダルをしっかり踏んでおく。

問27 「初心運転者標識」や「高齢運転者標識」をつけている車を追い越したり追い抜いたりすることは禁止されている。

問28 6図のような矢印の方向から進行してくる交通に対して、警察官の手信号と信号機の信号の意味は同じである。

問29 自動車検査証に記載されている乗車定員の中には、運転者は含まれていない。

問30 高速自動車国道を運転中、疲れを感じたので、十分な幅のある路側帯に入って休憩した。

問31 7図の標識は、自転車横断帯を示している。

問32 普通乗用自動車の座席には、荷物を積んではならない。

問33 交差点とその付近は、最も交通事故の多い危険な場所であるので、歩行者や他の車に注意するとともに見えないところにひそむ危険を予源 できる 限り安全な速度と方法で通行しなければならない。

問34 免許証を手にするということは、単に車が運転できるということだけでなく、同時に刑事、行政、民事責任など、社会的責任が重くな ることを自覚しなければならない。

問35 左側部分の幅が6メートル未満の見通しのよい 道路で、他の車を追い越すときは、中央から右側にはみ出して通行することができる。(標識や標示によ 場合を除く。)

問36 標識や標示は、交通の安全と円滑のために車を「どのように運転すべきか」または「どのように運転してはいけないか」などの方法を運転者に示している。

問37 高速走行中、やむを得ずブレーキをかけるときは、エンジンブレーキを有効に使うとともに、ブレーキを数回 に分けてかけるようにする。

問38 8図のような路側帯は、軽車両の通行はできるが、車が中に入って駐停車することは禁止されている。

問39 二輪車の運転者は、路面を重視した視点の動きのため視野が狭くなり、前方の状況や横の危険物の発見が遅れやすい。

問40 運転免許の停止処分を受けた者が、その停止期間中に運転 すると無免許運転になる。

問41 夜間、対向車のライトがまぶしいときは、それを見つめて、早くその光に慣れるようにしたほうがよい。

問42 追い越しを始めるときは、短い距離ですませるため、前車にできるだけ接近してから進路を変える。

問43 9図の道路標識があるところでは、道路に面した左側の場所に出入りするための横断も禁止されている。

問44 二輪車の乗車姿勢は、前かがみになるほど風圧が少なくなるので運転しやすくなる。

問45 踏切を通過するときは、一方からの列車が通過しても、その直後に反対方向からの列車が近づいていることがあるので、必ず反対方向の安全を確認しなければならない。

問46 道路上に10図 の標識があるときは、矢印のように通行しなければならない。

問47 高速走行中に起きるハイドロプレーニング現象とは、タイヤの空気圧が低いために起きる波打ち現象のことである。

問48 徐行しようとするときと、停止しようとするときの手の合図の方法は同じである。

問49 右前車輪のタイヤの空気圧が左前車輪の空気圧より低い場合は、ハンドルが左に取られる。

問50 長時間にわたって運転をするときは、2時間に1回は運転をやめて休憩をとるようにする。

問51 11図のように信号機のない道幅の同じような交差点に、Ⓐの車とⒷの車が進行してきたときは、Ⓐの車はⒷの車の進行を妨げてはならない。

問52 雨の日は視界が悪いので、対向車との正尚衝突を避けるため、できるだけ路肩に寄って通行したほうがよい。

問53 消火栓、消防用機械器具の置場、火災報知機から5メートル以内は駐車禁止である。

問54 自動車は右折するときは、あらかじめできるだけ道路の右端に寄り、交差点の中心のすぐ内側を徐行する。(環状交差点を除く。)

問55 信号機の信号が「赤色の灯火の点滅」のときは、車は一時停止か徐行しなければならない。

問56 12 図の標識のある道路では、10人乗りの乗用自動車は通行できる。

問57 自動車の右側に3.5メートル以上の余地がない道路で、荷物を積むため車のそばで運転者がさしずしながら10分間車を止めた。

問58 自動車(二輪の自動車を除く。)の保有者は、往所など自動車の使用の本拠の位置から5キロメートル以内の道路以外の場所に自動車の保管場所を設けなければならない。

問59 前車を追い越そうとして安全を確認したところ、後車が自分の車を追い越そうとしていたので、前車を追い越すのをやめた。

問60 13図 の標識は、動物が飛び出すおそれがあることを示している。

問61 夜間、運転中少しでも眠気を感じたら安全な場所に車を止め、短時間でも仮眠をするか休息をとって、眠気をさましてから運転をする。

問62 14図 の標識のある道路では、大型自動二輪車や普通自動二輪車は通行できないが、原動機付自転車は通行することができる。

問63 高速道路で車が故障し、やむを得ず駐車する場合は、必要な危険防止の措置をとった後は、車に残らず安全な場所に避難したほうがよい。

問64 15 図の標示板が設けられているときは、パスだけが特定の信号に従うことができる。

問65 前車を追い越そうとしたところ、前車はそれに気づかず右に進路を変えようとしたので、危険を感じて警音器を鳴らした。

問66 タイヤがすり減っていると路面とタイヤとの摩擦抵抗は小さくなり、制動距離は長くなるが空走距離には影響しない。

問67 16図のように分割できない荷物を積載するときは、出発地の警察署長の許可を受けなくてもよい。

問68 検査標章は、検査を受けた年月を示している。

問69 運転中の疲労とその影響は、目に最も強く現れ、急落としや見間違いが多くなったり判断力が低下したりする。

問70 トンネルの中や濃い霧などで50メートル(高速道路では200メートル)先が見えない場所を通行 すい場るときは、昼間でも灯火をつけなければならない。

問71 17図 の場合、右折しようとして先に交差点に入ったⒶ車は、Ⓑ車が直進であればⒷ車が通り過ぎるまで、交差点の中で待機しなければならないが、B車が左折であれば先に右折することができる。

問72 信号機のある交差点で、停止線のないときの停止位置は、信号機の直前である。

問73 高速道路の登坂車線は、荷物を積んだ大型貨物自動車以外通行してはいけない。

問74 18図の標識は、高速自動車国道または自動車専用道路であることを示している。

問75 止まっているものに衝突するとき、速度を半分に落とすことができれば、衝突時の運動エネルギーはおおむね4分の1ですむ。

問76 四輪車のハンドブレーキをいっぱいに引いたとき、引きしろに余裕があってはならない。

問77 19図の標識は、「路肩がくずれやすいから注意せよ」ということを示している。

問78 危険を認めブレーキをかけ、ブレーキがきき始めるまでには約1秒くらいの反応時間があるので、これを考えた運転をしなければならない。

問79 道路のまがり角付近は、追い越し禁止場所であり、徐行しなければならない場所である。

問80 交差点や交差点付近で緊急自動車が接近してきたときは、交差点を避けて、道路の左側に寄って一時停止しなければならない。(一方通行路を除く。)

問81 自動車検査証や自動車損害賠償責任保険証明書(責任共済証明書を含む。)は重要な書類なので、紛失や盗類を防ぐ ため自動車を運転するときは、 車とは別に自宅に大切に保管しておいたほうがよい。

問82 二輪車で四輪車の側方を通行しているときは、四輪車の死角に入り、四輪ドライバーに存在を気づかれていないことがあるので注意が必要である。

問83 ぬかるみ、じゃり道などの悪路では、ハンドルを取られたりタイヤがスリップしやすいので、あらかじめ減速し、急発進、急ブレーキ、急ハンドルをしないようにする。

問84 20図の場合、Ⓐ車は㋐の地点を通過するときは、徐行しなければならない。

問85 車の下から冷却水やオイルが少々もれていても、故障ではないので運転してもよい。

問86 道路が混雑しているときには、自動車や原動機付自転車は路側帯に入って通行してもよい。

問87 車が連続して進行している場合、前の車が交差点や踏切などで停止したり、徐行したりしているのを機会に、その側方を通過して車と車の間に割り込んだり、その前を横切ってはならない。

問88 交差点を直進しようとする二輪車は、対向する右折四輪車が距離や速度をまちがって判断しているかもしれないので、四輪車の動向に注意しなければならない。

問89 夜間は、昼間に比べて視界が極めて悪く、歩行者や自転車などが見えにくく発見が遅れるので、同じ道路でも昼間より速度を落として運転しなければならない。

問90 道路に面した車庫に入るときは、21図の矢印のように入るのがよい。

 

 

問91 40㎞/hで進行しています。どのようなことに注意して運転しますか。

① 通園バスはまだ発進しないと思うので、対向車線にはみ出してこのまま通過する。
② 大人が一緒にいれば、子供が飛び出すことはないので、このままの速度で通過する。
③ 通園バスの前を子供が横断するかもしれないので、警音器を鳴らして通過する。

問92 40km/hで進行しています。どのようなことに注意して運転しますか。

① 原付は自車の接近に気付いており、駐車車両の手前で停止して進路をゆずると思うので、このまま走行する。
② 原付が自車の前に出てくるかもしれないので、駐車車両の横を通過するまで原付に追従する。
③ 対向車はいないようなので、加速して原付と駐車車両を一気に追い越す。

問93 25km/hで進行しています。どのようなことに注意して運転しますか。

① 歩行者は自車の接近に気付いてないかもしれないので、速度を落としてその動きに注意する
② 歩行者に水や泥をはねないよう、速度を落として通過する。
③ 右側の子供がふざけていて自車の前に飛び出してくるかもしれないので、いつでも止まれる速度で通過する。

問94 35㎞/hで進行しています。工事のため鉄板が敷かれています。どのようなことに注意して運転しますか。

① 左側の工事現場から作業員がとび出してくるかもしれないので、速度を落として注意しながら通行する。
② 濡れた鉄板の上は非常に滑りやすいので、急ブレーキにならないようにあらかじめ速度を落とし、前車と車間距離を保って通行する。
③ 雨に視界を妨げられて前方の状況が分かりずらいので前車に接近して通行する。

問95 80km/hで高速道路を走行中、前車が非常点滅表示灯をつけました。どのようなことに注意して運転しますか。

① 前車が急に減速して追突するかもしれないので、急ブレーキを踏む。
② 前車は故障により左に寄って停止すると思うので、すばやく追越車線に進路を変更する。
③ 急ブレーキを踏むと後続車に追突されるかもしれないので、非常点滅表示灯をつけるとともに、ブレーキを数回に分けて踏み、注意を促す。

解答と解説 №31

 

問1 × 一年以内は自信のあるなしにかかわらず、つけなければならない。
問2 × エンジンブレーキを主に使い、フットブレーキなどは補助的に使う。
問3 〇 他の交通に迷惑をかけない場所に駐車する。
問4 〇 歩行者の立場になった思いやりのある運転をすべきである。
問5 〇 停止禁止節分の標示であり、標示内での停止は禁止されている。
問6 〇 飲酒運転を容認することは罪になる。
問7 〇 停止距離を考えると、この程護の車間距離が必要とされている。
問8 〇 多通行帯道路では、安全のため原付は二段階右折をするのが原則。
問9 × 安全地帯があれば徐行して通過してもよい。
問10 〇 原則として最も左側の通行帯を通行しなければならない。
問11 × 後藤橋に乗せても、チャイルドシートを使用させなければならない。
問12 〇 自然の法則(物理的法則)であり、カープ走行時には十分気をつける。
問13 × できるだけ左側に寄り、追い越ず車に進路をゆずる。 "
問14 × カーブの走行は、手前で減速してゆっくり入り、後半から加速する。
問15 〇 速度を落とせば被害も小さく、場合によっては避けることができる。
問16 × 四輪ドライバーから軽視され、見落とされているかもしれない。
問17 × 地上からの高さが3.3mまでの車でないと通行できない。
問18 × トンネル内は車両通行帯があってもなくても駐停車が禁止されている。
問19 〇 老人ゃ子供の特徴をよく理解し、不測の事態に備え運転をする。
問20 〇 交通事故を防止するため、よく目立つようにするのがよい。
問21 × 停止表示器材を置けば、非常点滅表示灯や駐車灯又は尾灯はいらない。
問22 〇 車の所有者は、車の管理に責任を持たなければならない。
問23 〇 追い越し禁止場所では、追い越すため進路を変えることも禁止している。
問24 〇 手による後退の合図は、腕の動きで後退とわかるよう定められている。
問25 〇問いの通りです。
問26 〇 オートマチック車の特徴であり、停止中は必ずブレーキをかけておく。
問27 × 幅寄せや割り込みが禁止であり、追い越しや追い抜きは禁止されていない。
問28 × 警察管の手信号は赤色の信号と同じで、矢印信号と同じ意味ではない。
問29 × 運転者は乗車定員に含まれる。
問30 × 高速道路の路肩や路側帯は休憩のために使ってはいけない。
問31 × 自転車専用道路や自転車道示している。
問32 × 運転の妨げにならなければ座席に荷物を積むことができる。
問33 〇 交通事故の大半は交差点で起きている。細心の注意をはらい通行する。
問34 〇 万一の事故の責任を自覚していない者は、運転者としての資格がない。
問35 〇 左側通行の例外として認められている。
問36 〇 通行方法や速度などを運転者にわかりやすく示すのが標識などの役目。
問37 〇 高速走行中の急ブレーキは、安定性を失い危険。
問38 × 歩行者路側帯であり、軽車両も通行できない。
問39 〇 二輪車を運転するときは、意識的に視野を広くとるようにする。
問40 〇 発許の効力が停止されているので無免許運転になる。
問41 × 視点をやや空前方に移し、自がくらまないようにする。
問42 × 前車に接近しすぎないようにし、ゆるやかに進路を変えないと危険。
問43 × 左側に面した場所に出入りするため左折を伴う横断はすることができる。
問44 × あまり前かがみになると、視野が狭くなり危険。
問45 〇 複線の踏切では、絶対に必要な確認である。
問46 × 標識の示す方向(左側)を通行しなければならない。
問47 × タイヤの波打ち現象とはスタンディングウェーブ現象のことである。
問48 〇 どちらも同じで、手を車体の外に出し斜め下にのばして合図する。
問49 × 空気圧の低いほうへとられるので、右へとられる。
問50 〇 疲労による影響を考え、2時間以上の連続運転は避けるべきである。
問51 × 左方からの車が優先であり、Ⓑ車がⒶ車の進行を妨げてはならない。
問52 × 路肩は、ゆるんでくずれるおそれがあるので避けて通行する。
問53 × 火炎報知機は、1m以内が駐車禁止になっている。
問54 × 一方通行の道路でないときは、右端ではなく道路の中央に寄る。
問55 × 一時停止が徐行ではなく、必ず一時停止しなければならない。
問56 〇 乗車定員11人以上の乗用自動車の通行を禁止している。
問57 〇 荷物の積みおろしで運転者がすぐに運転できるときは、駐車できる。
問58 × 保管場所は、2km以内に設けなければならない。
問59 〇 危険な追い越しをしてはいけない。安全のため正しい判断である。
問60 〇 動物が飛び出すおそれありの警戒標識である。
問61 〇 眠気は我慢してはいけない。眠気をさましてから運転するようにする。
問62 × 原付も通行することはできない。
問63 〇 駐車中に衝突されることがあるので、車外で待機したほうが安全。
問64 〇 バスの円滑な通行を保つため設けられた信号を表す標示版である。
問65 〇 危険防止のためなので、警音器の使用はやむを得ない。
問66 〇 ブレーキがまだきいていない空走距離は、タイヤの摩耗には関係ない。
問67 × 車の長さの1.1倍をこえるので許可が必要である。
問68 × 次の検査の時期(年月)を示す。
問69 〇 運転は目を激しく使うので、運転中の疲労はまず目に限れる。
問70 〇 視界の確保だけでなく、他の交通に自車の存在を知らせることになる。
問71 × 直進車だけでなく、左折車も先に通さなければならない。
問72 × 信号機の直前ではなく、交差点の前で停止する。
問73 × 最低速度を維持できなくなった車は、どんな車でも通行してよい。
問74 〇 自動車專用の標識で、高速自動車国道か自動車専用道路に設けられる。
問75 〇 衝突時の運動エネルギは速度の二乗に比例する。1/2×1/2=1/4
問76 × 引きしろには余裕が必要。余裕がないとブレーキのききが悪い。
問77 × 落石のおそれありを示している。
問78 〇 反応時間を意識した運転をし、危険時に安全に対応できるようにする。
問79 〇 危険な場所であり、追い越し禁止や徐行する場所として定められている。
問80 〇 緊急自動車が交差点でどの方向へも進行できるようにする。
問81 × 車を運転するときは、車に備えつけておかなければならない。
問82 〇 四輪車のバックミラーの死角に入ると見落とされやすい。
問83 〇 急な操作は危険であり、特に条件の悪いところではしてはならない。
問84 × 優先道路を通行しているので、必ずしも徐行しなくてもよい。
問85 × 冷却水やオイルがもれているときは故障であり、修理が必要である。
問86 × 路側帯は、歩道と同じように自動車や原付は通行してはならない。
問87 〇 秩序を乱すような行為をしてはいけない。節度ある運転を心がける。
問88 〇 二輪車は小さいため距離は遠くに、速度は遅く見られやすい。
問89 〇 前照灯の照射範囲は限られており、速度を落として走行しないと危険。
問90 〇 車庫には、他の交通への迷惑や発進するときの安全を考えて入れる。


問91 ① ×  ② ×  ③ ×
子供の飛び出しに備えて、徐行しながら通過する。

問92 ① ×  ② 〇  ③ ×
原付の進路変更に備えて追い越さない。

問93 ① 〇  ② 〇  ③ 〇
速度を落とし、歩行者の動きに注意する。

問94 ① 〇  ② 〇  ③ ×
速度を落とし、車間距離を十分とって走行する。
問95 ① ×  ② ×  ③ 〇 渋滞しているため減速するという意味なので接近しない。