本免許問題 №26

 

 文章問題90問(90点)イラスト問題5問(10点)合計100点中90点で合格です。  
(イラスト問題は3問とも〇×で解答し3問とも正解で2点、1問でも不正解で0点です。)

問 1 道路上で酒に酔ってふらついたり、寝そべったりすると、他の交通のさまたげとなるだけでなく、自分も危険である。

問 2 道路の左側にある自動車の修理工場に入るため左折するときは、あらかじめ道路の左側に寄る。

問 3 夜間、交通量の多い市街地の道路などでは、対向車の運転者がまぶしくないように、前照灯を上向き(走行用)に切り替え運転した方がよい。

問 4 自家用の普通乗用自動車は、1年ごとに定期点検をしなければならない。

問 5 1図の二つの標識のあるところでは、後退も禁止されている。

 

問 6 追い越し禁止場所でも、自動二輪車は原動機付自転車を追い越してもよい。

問 7 踏切を通過するときは、歩行者や対向車に注意し、できるだけ左側端を通行する。

問 8 せまい道路や見とおしの悪い道路で、こどもが飛びだしそうな道路は、とくに注意して走行しなければならない。

問 9 高速道路で緊急自動車が本線車道へ入ろうとしているときや、本線車道からでようとしているときは、その通行をさまたげてはならない。

問 10 道路標識などによつて最高速度40キロメートル毎時の制限のある道路では、原動機付自転車も40キロメートル毎時で走行してもよい。

問 11 オートマチック四輪車は、追い越しなどで急加速したいときは、アクセルペダルをいつぱいにふみ込むと自動的にギアが切りかわり急加速で きる、このような操作方法を「キックダウン」という。

問 12 二輪車にのるときの姿勢は、前かがみになるほど風圧が少なくなるので、そのほうがよい。

問 13 2図のような交通整理の行われていない道幅の同じ交差点にさしかかったときは、普通乗用車Bは原動機付自転車Aの通行をさまたげてはいけない。

 

問 14 交通事故で手足から出血しているときは、清潔なハンカチなどで止血した方がよい場合もある。

問 15 高速道路を走行するときは、荷物が転落したり、飛散しないように前もって荷物の状態をよく点検しなければならない。

問 16 同一方向に車両通行帯が二車線ある道路では、自動車は右側の通行帯を、原動機付自転車は左側の通行帯を通行する。

問 17 自動車の水温計は、冷却水の温度を知らせる計器で、指針がCとHの中間付近をしめしているのが適温である。

問 18 3図の標識は、この先にのぼり坂があることを表わしている。

 

問 19 運転者が違法駐車をすると、その車の使用者もその責を問われる。

問 20 変形ハンドルや、マフラーを取りはずした改造二輪車を運転してはならない。

問 21 4図の標識で-一方通行路を表わしているのはBである。

 A   B   C


問 22 消火せん、防火水そうの側端から5 メートル以内の場所は、駐車が禁止されている。

問 23 大型貨物自動車に積荷をする高さの制限は、荷台から原則3.8メートルまでである。

問 24 一定の時期に検査をうけたという検査標章をはつていない250㏄をこえる二輪車は、これを運転してはならない。

問 25 横断歩道を通行するときは、横断する人がいないことが萌らかな場合でも、横断歩道の手前では停止できるように減速して進まなければならない。

問 26 乗車定員の数えかたは、I2歳未満のこども3人を12歳以上の大人2人として計算する。

問 27 5図の標識のある通行帯は、午前7時から午前9時までの時間以外は、他の自動車も通行してよい。

 

問 28 右折、左折または転回の合図をする時期は、ハンドルを切り始めるのと同時がよい。

問 29 見とおしの悪い交差点でも、優先道路を走行しているときは、徐行しなくてもよい。

問 30 エンジンの総排気量125㏄以下の普通自動二輪車は、二人のりでなければ高速道路を通行してもよい。

問 31 酒やビールなどは、量の多い少ないに関係なく、飲んだときは運転してはいけないし、運転するときは飲んではいけない。

問 32 前方左側の幅のせまい路側帯を「黄色」のつえをついた高齢者が通行していたので危ないと思い、徐行して注意しながら通過した。

問 33 携帯電話は、脇見運転の原因ともなるので、ハンズフリー装置がない場合は、ハンドル操作が不安定になるので走行中は使用してはいけない。

問 34 踏切で警報器がなつていたが、しゃ断機がおりていなかつたので、急いで通過した。

問 35 交差点に入る直前に、前方の信号が青色から黄色にかわったが、うしろに車が続いていて急ブレーキをかけると追突されるおそれがあつたので、停止せずにそのまま進んだ。 

問 36 危険物をつんだ車は、6図の標識を車のうしろにつけなければならない。

 

問 37 積載量や乗車定員に関係なく、車両総重量が11,000キログラム以上であれば大型自動車といえる。

問 38 交差点や交差点付近でないところで緊急自動車が近づいてきたときは、徐行しなければならない。

問 39 道路のまがり角付近や上り坂の頂上付近・こう配の急な下り坂は、徐行場所であるとともに、追い越し禁止の場所である。

問 40 指定通行区分を通行しているときに緊急自動車が近づいてきたので、その指定通行区分が終わってから緊急自動車に進路をゆずつた。

問 41 第一種免許では、乗合バス・タクシーなどの旅客自動車を旅客運送のために運転してはいけない。

問 42 二輪車を運転して、右左折やカーブをまがるとき、体を傾けると転倒のおそれがあるので、体はまっすぐに保ってハンドルを操作するのがよい。

問 43 車両通行帯が黄色の線で区画されているところでは、たとえ右折や左折のためであつても、黄線をこえて進路をかえてはならない。

問 44 速度が3倍になると、衝突したときに自分がうけたり相手にあたえる力が、だいたい3倍になると考えてよい。

問 45 高速道路の本線車道に入るときは、一時停止または徐行して、注意しながら入らなければならない。

問 46 高速自動車国道を通行してはいけない車は、小型特殊自動車と原動機付自転車だけである。

問 47 停止距離とは、空走距離と制動距離を合わせた距離のことである。

問 48 7図の標識と標示は、同じ意味である。

 

問 49 道路交通法の目的の一つに交通の安全と円滑をはかるというものがある。

問 50 青信号の交差点に入ろうとしたときに、警察官が 「止まれ」の指示をしたので、その場で停止した。

問 51 オートマチック車の運転は、運転の基本を理解し、その手順を守り正確に操作することが必要である。

問 52 "標識などで指定されていない片側三車線の交差点で、信号が 「赤色の灯火」で 「右向きの青色の灯火の矢印」をしめしているときは、普通自 動車は矢印の方向に進んでもよいが、原動機付自転車は進んではいけない。"

問 53 人をまつため、継続的に停止していても、運転者が運転席にいれば停車である。

問 54 8図の標示は駐車はしてもよいが、停車はしてはいけないことを表わしている。

 

問 55 自転車横断帯とその端から前後30メートル以内では、駐停車してはならない。

問 56 高速道路のトンネルに入るとき、トンネルに入ると視力が急激に低下するので、その手前で速度をおとしたほうがよい。

問 57 雪道や凍結した道路は一定の速度で、できるだけまっすぐ走るのがよい。

問 58 9図のような交差点の斜線の部分には、駐車も停車もしてはいけない。

 

問 59 不必要な急発進、急ブレーキなどは交通公害や地球温暖化には関係ない。

問 60 MT二輪車でカーブを走行するときに、クラッチを切つたり、ギアをニュートラルにかえるのは危険である。

問 61 走行中タイヤがパンクしたときは、ハンドルをしつかり握つて車体をまつすぐ保ち、エンジンブレーキとフットブレーキで車を止めるようにする。

問 62 左側部分の道幅が6メートル未満の見とおしのきく道路で追い越しをするときは、中央線から右側にはみだすことができる。 (道路の中央に黄緑がひかれている場合をのぞく。)

問 63 時速60キロメートルでコンクリートの壁に激突すると、ビルの5階程度からおちた場合と同じ程度の衝撃力をうける。

問 64 片側ががけなどで安全に行きちがいができないときは、がけ側 (谷側)の車があらかじめ安全な場所で停止,して対向車に道をゆずる。

問 65 標識や標示で最高速度が指定されていない高速自動車国道の本線車道での大型乗用自動車、大型貨物自動車の最高速度は、100キロメートル毎時である

問 66 10図の標識は矢印の方向以外の通行を禁止することを表わしている。

 

問 67 夜間はバス以外の車も、なるべく室内灯をつけて走行したほうがよい。

問 68 二輪車を選ぶときは、体格にあつたものを選ぶべきだが、体力については考えなくてよい。

問 69 大型二輪免許をうけている人だけが、大型自動二輪車を運転してよい。

問 70 四輪車のブレーキペダルをふんだところ、すき間 (ふみ残りしろ)がなかつたが運転に支障がないと思ったのでそのまま走行した。

問 71 シートベルトをするとき、腰ベルトは腹部をまくようにしめるとよい。

問 72 路線バスの優先通行帯は、軽車両だけが通行してよい。

問 73 11図の警察官の手信号で、警察官の身体の正面に対面する交通は、黄色の灯火の信号と同じである。

 

問 74 MT二輪車を運転するときは、タンクを両ひざでしめる(ニ一グリップ)ことも大切である。

問 75 交差点付近を走行中、地震災害に関する警戒宣言がはっせられたので、ただちに交差点の中で駐車し避難した。

問 76 原動機付自転車に荷物をつむ場合は、積載装置の左右から15センチメートルをこえてはみだしてはならない。

問 77 深い水たまりを通った直後は、ブレーキパッドやブレーキライニングが水でぬれて、ブレーキのききが悪くなることがある。

問 78 山道のカーブなどでは、対向車がセンターラインをはみだして走行してくることを予測した運転が必要である。

問 79 夜間、自動車を運転中、交差点で対面する信号が 「黄色の灯火の点滅」をしているときは、かならず一時停止しなければならない。

問 80 二輪車で四輪に追従して走行し,交差点を直進するときは、前方の四輪車が急に左折するかもしれないので、接触したりまき込まれないよ うに四輪車の動向にじゆうぶん注煮する。

問 81 ぬかるんでいる道を通行するときは、スピードをおとさずそのままの速度で通行する。

問 82 人をおろすために停止しようとして徐行している車の前にでることは、割り込みにはならない。

問 83 発進するときは、前方ばかりでなく、後方からの車にも注意しなければいけない。

問 84 高速自動車国道の本線車道の最低速度、50キロメートル毎時である。

問 85 トレーラーは、車両通行帯のある高速自動車国道を通行するときは、12図の標識にしたがつて本線車道のもっとも左側の車両通行帯を通行しなければならない。

 

問 86 車は「こう配の急な上り坂」「上り坂の頂上付近」「にう配の急な下り坂」では、追い越しが禁止されている。

問 87 警音器は、「警笛鳴らせ」の標識があるところ以外では、絶対に鳴らしてはならない。

問 88 交差点で右折するときは、自分がさきに交差点に入っている場合でも、直進か左折をする車に進路をゆずるべきである。

問 89 車にはたらく遠心力は、速度の2乗に比例して大きくなり、また、カーブの半径が大きいほど大きくなる。

問 90 急カーブやまがり角では、スピードをだして通行すると危険であるから法定速度で走行する。

 

問91 30㎞/hで進行中、前方が渋滞してきました。どのようなことに注意して運転しますか。

① 後続車に割り込まれると危険なので、前車との間隔を詰める。
② 歩道上の歩行者が進路上にでてくるかもしれないので、進路を中央線付近にかえて、やや加速して通過する。
③ 路面がすべりやすくなっているので、急なブレーキ操作をしない。

 

問92 30km/hで進行しています。どのようなことに注意して運転しますか。

① こどもが進路上に出てくるおそれがあるので、いつでも止まれるように速度をおとして進行する。
② 歩行者の横で対向車と行き違うと危険なので、左へ寄り歩行者の後方で一時停止して、対向車に進路をゆずる。
③ 歩行者の横で対向車と行き違うと危険なので、対向車のくる前に加速して、歩行者の側方を通過する。

 

問93 40㎞/hで進行しています。どのようなことに注意して運転しますか。

① 歩行者が横断すると危険なので、車の接近を知らせるため前照灯を上向きにして進行する。
② 車の間から歩行者が横断するかもしれないので、速度をおとして進行する。
③ 歩行者は前方横断歩道を横断し、車の直前は横断しないと思われるので、青信号で通過できるように加速して、進行する。

 

問94 40km/hで進行しています。直進するとき、どのようなことに注意して運転しますか。

① 対向乗用車が追い越しをしようとしているので、すばやく速度をおとし、できるだけ左側に寄る。
② 対向乗用車の追い越しは危険なので、追い越しを中止させるために、警音器をならし、このままの速度で進行する。
③ 対向乗用車は、自車の接近に気づいて追い越しを中止すると思われるので、このままの速度で進行する。

 

問95 40km/hで進行しています。直進するとき、どのようなことに注意して運転しますか。

① 大型車のかげで前方が見えないので、いつでも止まれるように、速度を落として進行する。
② 大型車の直後を進行すると安全なので、大型車との車間距離をつめる。
③ 大型車のかげで前方が見えないので、進路を大型車の左側方にとって加速して進行する。

解答と解説 №26

問1 〇 自分も危険です。
問2 〇 問のとおりです。
問3 × 交通量の多い市街地の道路ではつねに下向きに切りかえて運転します。
問4 〇 問のとおりです。
問5 × 横断と転回は禁止されていますが、後退は禁止されていません。
問6 × 追い越し禁止場所で追い越しができるのは、軽車両だけです。
問7 × 落輪しないように、中央寄りを通行します。
問8 〇 問のとおりです。
問9 〇 問のとおりです。
問10 × 原付車の最高速度は30キロメートル毎時です。
問11 〇 問のとおりです。
問12 × 前かがみの姿勢は、視野を狭くしたり運転換作の妨げにもなり危険です。
問13 〇 問の状況では、左方から進行してくるA車の通行をさまたげてはいけません。
問14 〇 問のとおりです。
問15 〇 問のとおりです。
問16 × 車は、左側の車両通行帯を通行しなければなりません。
問17 〇 問のとおりです。
問18 × 問の標識は、右方屈曲ありを表わしています。
問19 〇 問のとおりです。
問20 〇 問のとおりです。
問21 × Bは指定方向外進行禁止、Cは左折可、Aが一方通行を表わしています。
問22 〇 問の場所は、駐車禁止場所です。
問23 × 荷台からではなく、地上から原則3.8メートルまでです。
問24 〇 総排気量250㏄をこえる二輪車は検査標章をはっていなければなりません。
問25 × 明らかに人がいないときは、減速する必要はありません。
問26 〇 問のとおりです。
問27 〇 問のとおりです。
問28 × 右左折、転回の合図の時期はしようとする地点から30メートル手前です。
問29 〇 問のとおりです。
問30 × 125㏄以ドの普通自動二輪車は高速道路を通行してはいけません。
問31 〇 問のとおりです。
問32 〇 問のとおりです。
問33 〇 問のとおりです。
問34 × 警報機が鳴っているときは、踏切に人ってはいけません。
問35 〇 安全に停止することができない場合は、そのまま進むことができます。
問36 × 問の標識は、危険物を積んだ車両の通行禁止を表しています。
問37 〇 問のとおりです。
問38 × 左側に寄つて進路をゆずります。(一方通行路は右側でもよい。)
問39 〇 問のとおりです。
問40 × 緊急自動車に進路をゆずるほうが優先します。
問41 〇 問のとおりです。
問42 × 車体を傾けることによつて自然にまがるようにします。
問43 〇 問のとおりです。
問44 × およそ9倍になります。
問45 × 流れに合流できるように加速車線で十分加速して進入します。
問46 × ミニカー、125㏄以トの自二輪、故障車をロープ等でけん引している車も通行してはいけません。
問47 〇 問のとおりです。
問48 × 標識は追い越し禁止、標示は追い越しのための右側部分はみ出し通行禁止です。
問49 〇 問のとおりです。
問50 〇 問のとおり、警察官の指示に従います。
問51 〇 問のとおりです。
問52 〇 問の場所では、原付車は交差点内に進入してはいけません。
問53 × 運転者が車にいても、人待ちは駐車になります。
問54 × 問の標示内は、通行してもよいが停止してはいけません。
問55 × 5メートル以内の場所が、駐停車禁止場所です。
問56 〇 問のとおり、トンネルの手前で速度を落として走行しましょう。
問57 〇 問のとおりです。
問58 〇 問の場所は、駐停車禁止場所です。
問59 × 交通公害や地球温暖化の一因になります。
問60 〇 問のとおりです。
問61 〇 問のとおりです。
問62 〇 問のとおりです。
問63 〇 問のとおりです。
問64 〇 問のとおりです。
問65 × 大型貨物自動車の最高速度は、80キロメートル毎時です。
問66 〇 問のとおりです。
問67 × 室内灯は、バスのほかは、走行中つけないようにします。
問68 × 平地でセンタースタンドが楽に立てられるなど体力がなけれはなりません。
問69 〇 問のとおりです。
問70 × すき間がないときは、ブレーキの故障です。
問71 × 腰べルトは、骨ばんをまくようにしめます。
問72 × 路線バスの通行を妨げなければ、路線バス以外の自動車も通行できます。
問73 × 赤色の灯火の信号と同じ意味を表わしています。
問74 〇 問のとおりです。
問75 × 緊急自動車などのさまたげにならないようできるだけ道路外に駐車します。
問76 〇 問のとおりです。
問77 〇 問のとおりです。
問78 〇 問のとおりです。
問79 × 他の交通に注意して進むことができます。
問80 〇 問のとおり、十分注意しましょう。
問81 × 低速にし、速度を一定にして通行します。
問82 〇 交差点や踏切なとでの停止や徐行でないので割り込みにはなりません。
問83 〇 問のとおりです。
問84 〇 問のとおりです。
問85 × 標識に示されている通行区分に従つて(この場合は左から2番目)通行しなけれはなりません。
問86 × こう配の急な上り坂は、追い越し禁止場所ではありません。
問87 × 危険をさけるためやむを得ないときは、警音器を鳴らせます。
問88 〇 問のとおりです。
問89 × 遠心力は、カーブの半径が小さいほど大きくなります。
問90 × そのまがり角に合つた安全速度で通行します。


問91

① × 前車の動きによつては、急ブレーキで転倒するおそれがあります。
② × 渋滞中の車の間やバスのかげから歩行者が飛び出してくるおそれがあります。
③ 〇 問のとおりです。


問92

① 〇 問のとおりです。
② 〇 問のとおりです。
③ × 対向車と衝突するおそれがあります。対向車は意外に早く接近してきます。


問93

① × 歩行者と接触するおそれがあります。車が接近する前に横断できると判断したり、合図の意味を知らないなどの歩行者がいます。
② 〇 問のとおりです。
③ × 車の直前を横断するおそれがあります。


問94

① 〇 問のとおりです。
② × 対向車が追い越しを中止しても衝突のおそれがあります。速度を落とし、できるだけ左側に寄ります。
③ × 速度を落とし、できるだけ左側に寄ります。


問95

① 〇 問のとおりです。
② × 大型車がブレーキを踏むと衝突するおそれがあります。
③ × 横断歩行者などと接触するおそれがあります。