本免許問題 №23

 

 文章問題90問(90点)イラスト問題5問(10点)合計100点中90点で合格です。  
(イラスト問題は3問とも〇×で解答し3問とも正解で2点、1問でも不正解で0点です。)

問1 雨の日は、道路がすべりやすく停止距離が長くなるが、重い荷物をつんでいるときは、逆に停止距離はみじかくなる。

問2 本線車道に入ろうとする場合で加速車線があるときは、加速車線を通行して、じゅうぶん加速しなければならない。

問3 交通規則にないことは、運転者の自由であるから自分本位の判断で運転すればよい。

問4 踏切で信号が青のときは、踏切の手前で一時停止しなくてもよいが、安全を確かめてから通過しなければならない。

問5 安全地帯のそばを通るときは、歩行者の有無に関係なく徐行しなければならない。

問6 1図の標識は、二輪の自動車以外の自動車通行止めを表している。

 

問7 高速自動車国道で、故障した普通自動車をロープでけん引して通行した。

問8 大型自動二輪車や普通自動二輪車の運転者は、走行距離や運行時の状態などから判断した適切な時期に日常点検を行うにする。

問9 前の車が右折などのため、右側に進路をかえようとしているときは、その右側を追い越してはならない。

問10 普通二輪免許をうけていた期間が通算して1年未満でも、運転に自信があれば二人のりをしてもよい。

問11 2図の標識のあるところの手前(こちら側)であれば、午前8時から午後8蒔の間であっても駐車してよい。

 

問12 右折、左折の合図をする時期は、いずれも右折、左折をしようとする地点にたっしたときである。

問13 歩行者用道路では、通行を許可された自動車以外でも歩行者に注意して徐行すれば通行してもよい。

問14 普通免許をうけて1年未満だったので初心者マークをダッシュボードの上に置いて普通自動車を運転した。

問15 見とおしの悪い交差点や道路のまがり角を通行するときは、警笛区間の標識がなくても警音器をならさなければならない。

問16 道路で交通巡視員が手信号をしていたが、交通巡視員は警察官ではないのでその手信号にはしたがわなかった。

問17 前方の二輪車が、左腕のひじを垂直に上にまげた場合は「左折」または「左に進路を変更する」という意味である。

問18 追い越し禁止場所でも、普通自動二輪車や大型自動二輪車は、原動機付自転車を追い越してもよい。

問19 3図の交差点を直進しようとして矢印の方向から進行中、㋐の地点で前方の信号が青色から黄色にかわったときは、交差点内に急停止しなければならない。

 

問20 初心運転者に初心者マークを表示させるのは、初心者であることを自覚させ、かつ慎重な運転をするようにもとめるとともに、周囲のドライバーにも初心者マークを表示した車両を保護させようとするためである。

問21 夜間、一般道路に駐停車するときは、街路灯などで50メートル後方からはっきり自動車が見える場所でも、駐車灯などをつけなければならない。

問22 標識や標示で最高速度が指定されていない高速自動車国道の本線車道における大型貨物自動車の最高速度は、100キロメートル毎時である。

問23 「だいじようぶだろう」と自分につごうよく考えず、「ひよつとしたら危ないかもしれない」と考えた運転をするほうが安全である。

問24 ウィンド・ウォッシヤの点検は、ウォッシヤ液が適量か、液がウィンドガラスまで確実に飛ぶかを権かめる。

問25 車を運転中に地震災害に関する警戒宣言が発せられたときは、すぐに速度をおとし、カーラジオなどによつて地震情報や交通情報を聞き、その情報に応じて行動する。

問26 もつとも左側に4図の標識がある車両通行帯は、混雑していなければ路線バス以外の車も通行してよい。

 

問27 雪道を通行する場合は、前の車の通つた跡を選んで通るほうがよい。

問28 走行中、右にハンドルを切ると車には、左に飛びだそうとする力が働く。

問29 二輪車にのるときは、身体の露出部分が少なく、他の運転者から見てよく目につきやすい色の服装がよい。

問30 児童が乗りおりするために停止している通学バスの側方を通過するときは、バスとの間にIメートルの間隔をとれば徐行しなくてもよい。

問31 車両通行帯のない道路では、大型自動二輪車は道路の中央から左側部分の左寄りを通行する。

問32 二輪車で高速走行中は、急ブレーキをかけると横すべりを起こす原因になるので、さけるべきである。

問33 他の車に追いついた場合に、進路をかえて追いついた車の側方を通過して前方にでることを、追い抜きという。

問34 信号にしたがつて、右左折する場合でも徐行しなければならない。

問35 5図の標識は、近くに学校があることを表わしている。

 

問36 明るさが急にかわると、視力は一時的に低下する。

問37 標識や標示により横断や転回を繋上されている一般の道路では、後退もしてはいけない。

問38 自転車にのつた人が、自転車横断帯によつて道路を横断しようとしているときは、その自転車横断帯の手前で徐行しなければならない。

問39 車の速度が速くなるにしたがつて、人間の視力は低下し、とくに近くのものが見えにくくなる。

問40 故障車をロープまたはクレーンでけん引するときは、けん引免許が必要である。

問41 運転するときは、サンダルや厚底靴などをはいて運転しないようにする。

問42 6図の標示のある場所では、転回はしてはいけないが追い越しや横断はしてもよい。

 

問43 仮運転免許をうけていれば、原動機付自転車を練習のために運転してもよい。

問44 交差する道路が優先道路であつたり、その道幅が広いときは、徐行して交差する道路の交通をさまたげないようにしなければならない。

問45 道路に平行して駐停車している車とならんで駐車してはいけないが、停車はしてもよい。

問46 自動車は歩道と車道の区別のある広い道路では、車道の左側であればどの部分を通行してもよい。

問47 交差点の前方が交通渋滞のため、警察官が 「止まれ」の手信号をしていたが、信号機の信号が青色だつたので、そのまま進行した。

問48 高速道路でやむを得ず駐車し、停止表示機材を車の後方におくときは、発煙筒を使って合図をするなど、後続車に十分注意しなければならない。

問49 停留所に路線バスが止まつているときは、路線バスが発進するまでその横を通過してはならない。

問50 路側帯の幅が0.75メートル以下の道路に駐車するときは、路側帯に入らないようにして、車道の左側端に駐車する。

問51 踏切の手前で一時停止して列車がこないことを確かめた後、踏切の向こう側の交通が混雑していたが急いでいたので踏切に入った。

問52 大型車は内輪差が大きく運転席から見えにくい箇所があるので、大型車の左後方にいる二輪車は十分注意しなければならない。

問53 一方通行の道路を通行中、後方から緊急自動車が近づいてきたので、左側に寄って進路をゆずろうとしたが、かえってその進行をさまたげることとなつたので、右側に寄つて進路をゆずつた。

問54 7図の標識のあるところでは、道路の右側に面した場所にある車庫などに入るときは横断してもよい。

 

問55 オートマチック四輪車は、エアコンを使用するとエンジンの回転数が低くなるので発進するときは少し多めにアクセルペダルをふむようにする。

問56 車両総重量11トン(11,000キログラム)以上、最大積載量6.5トン(6,500キログラム)以上の貨物自動車を運転するときは、大型免許が必要である。

問57 横断歩道のすぐ手前には車を駐車してはいけないので、すぐ向こう側に駐車した。

問58 トレーラーが、車両通行帯のある高速自動車国道を通行するときは、追い越しなどやむを得ないとき以外は、本線車道のもつとも左側の車両 通行帯を通行しなければならない。

問59 高速道路の加速車線から本線車道に入ろうとするときは、他の自動車との事故防止のため、かならず速度をおとさなくてはならない。

問60 進路変更などをするときは、バックミラーなどで安全を確認しなければならないが、ミラーでは見えない部分に他の車があることを予測することも大切である。

問61 普通免許をうけた人が普通自動二輪車を運転すると、無免許運転になる。

問62 交差点に8図の標示版があるときは、前方の信号が赤色や黄色であつても、自動車や原動機付自転車は、他の交通に注意しなが ら左折してもよい。

 

問63 故障車をロープでけん引する場合、ロープの見やすい箇所に0.3メートル平方以上の赤い布をつける。

問64 仕事が短時間で終わることが前もつてわかつていたので、車からはなれてすぐに運転できない状態であつたが駐停車禁止場所に車を止めた。

問65 上り坂で発進するとき、あまりハンドブレーキを使いすぎると故障の原因になるので、できるだけ使わないほうがよい。

問66 交差点で右折するときには、対向車線を直進してくる二輪車までの距離を見あやまることがあるので注意する。

問67 排気量が660CC以下の普通自動車には、地上から2.0メートルの高さをこえて荷物をつんではならない。

問68 道路にに面した場所に出入りするため、歩道や路側帯を横切る場合、人がいないときはかならずしも歩道などの直前で一時停止する必要はない。

問69 標識や標示で自動車の最高速度が指定されていない道路では、自分が安全に運転することができる速度であればどんなに速い速度で走行してもよい。

問70 9図の標識か標示のあるところでは、左折のみできる。

 

問71 二輪車のマフラーの破損は、騒音発生の原因になる。

問72 一方通行の道路から自動車で右折しようとするときは、あらかじめ道路の中央に寄って交差点の中心の内側を徐行しなければならない。

問73 四輪車のシートベルトの腰ベルトは、腹部にかかるよう、ゆるくしめるのがよい。

問74 警察官が北を向いて腕を垂直にあげているとき東西の交通は、赤色の灯火の信号と同じである。

問75 貨物自動車で荷物を運搬するとき、荷物の見張りのため一人を荷台にのせて運転した。

問76 進路変更や、追い越しをする場合、前方の安全を確かめるとともに、バックミラーなどで右側や、右斜め後方め安全を確かめるのがよい。

問77 通行に支障のある高齢者や身体に障害のある人が通行しているときは、一時停止か徐行してその通行をさまたげないようにする。

問78 乗車定員6人普通自動車には、運転者のほかに大人3人と5歳になるこども3人をのせて、ドライブすることができる。

問79 交通事故の場合、相手に過失があって、自分に責任がないときは、警察官にとどけでなくてもよい。

問80 エンジンブレーキは緊急時だけに使い、下り坂では使うべきでない。

問81 10図の標識のあるところでは、30分間停止してもよい。

 

問82 四輪車の後退灯を点検するときは、ギアをバックに入れてする。

問83 荷台でないところや、座席でないところに荷物をつんではならない。

問84 11図のような標識のある区間は、停車はできるが駐車はできない。

 

問85 道路工事の区域の端から5メートル以内の場所は、駐車も禁止されている。

問86 二輪車でカーブを走行するときは、カーブの手前で十分速度をおとし、カーブの後半では、前方の安全確認をしてからやや加速するようにする。

問87 タバコの吸いがらや紙くずは、別に危険がないので走行中の車からなげすててもよい。

問88 二輪車はその特性上、速度が遅くなるほど安定性が悪くなるので、雪道などの運転はなるべくさけたほうがよい。

問89 濃い色の遮光シールを前面のガラスにはってはいけないが、運転席側面や助手席側面のガラスにはるのはよい。

問90 四輪車の正しい運転姿勢をとったときのシートの背は、ハンドルに両手をかけたとき、ひじがわずかにまがるていどがよい。

 

問91 30㎞/hで進行しています。どのようなことに注意して運転しますか。

① 対向車が接近しているので、工事している場所の手前で一時停止して、対向車が通過してから発進する。
② 後続車があり、対向車までは距離があるので、加速して工事の区間を通過する。
③ 急に速度をおとすと後続車に追突されるおそれがあろので、ブレーキを数回に分けてふみ、一時停止する。

 

問92 右折まちをしていたら、対向大型車が止まってライトを点滅させました。どのようなことに注意して運転しますか。

① 対向大型車が進路をゆずってくれたので、またせないように、急いで右折する。
② 対向大型車のかげから二輪車が直進してくるかもしれないので、大型車のうしろの状況を確かめながら進行する。
③ 右折方向の横断歩道の右側の状況が見えにくいので、歩行者の横断を予測しながら進行する。

 

問93 80km/hで高速道路の本線車道を進行しています。どのようなことに注意して運転しますか。

① 右前方の車が、車線変更しようとしているので、その車が前方に入りやすいように、後続車に注意しながら速度をおとす。
② 右前方の車が、車線を変更すると車間距離が取れず危険なので、車線変更できないように加速する。
③ 右前方の車が、車線変更すると車間距離がとれず危険なので、左側の車線に進路を変更する。

 

問94 40km/hで進行しています。どのようなことに注意して運転しますか。

① 上り坂のカーブでは、対向車が中央線をこえてくるかもしれないので、進路を左にとり、徐行する。
② 上り坂のカーブでは、加速するとまがりきれずに中央線をこえたり、ガードレールに衝突するおそれがあるので、速度をおとして進行する。
③ このように交通量の少ない道路は、対向車もくることはないので、道路の中央をそのまま進行する。

 

問95 30km/hで進行しています。左折するとき、どのようなことに注意して運転しますか。

① 自転車が急に進路をかえるかもしれないので、自転車が交差道路を通過するまで、速度をおとして追従する。
② 交差道路からほかの車がでてくるかもしれないので、交差道路の手前で停止できるように、速度をおとす。
③ 左折するときに自転車をまき込むおそれがあるので、加速して自転車を追い抜き、さきに左折する。

解答と解説 №23

問1 × 重い荷物を積んでいるときも、停止距離は長くなります。
問2 〇 問のとおり、じゆうぶん加速しなければなりません。
問3 × 自分本位の運転は危険てす。
問4 〇 信号がある場合は、問のようにして通過しなければなりません。
問5 × 安全地帯に歩行者がいない場合は、徐行する必要はありません。
問6 × 問の標識は、高速自動車国道または自動車専用道路を表わしています。
問7 × ロープでけん引している場合は、高速自動車国道は通行してはいけません。
問8 〇 問のとおりです。
問9 〇 問のようなときは、危険ですから追い越しをしてはいけません。
問10 × 自信があるなしに関係なく、1年未満は二人乗りをしてはいけません。
問11 〇 問の標識は駐車禁止の始まりを表わしていますので、手前は駐車できます。
問12 × 右左折しようとする地点から30メートル手前の地点に達したときです。
問13 × 通行を許可された車以外は、通行してはいけません。
問14 × 前と後ろの定められた位置につけて、運転しなければなりません。
問15 × 警笛区間の標識がある道路の問の場所だけ、警音器を鳴らします。
問16 × 交通巡視員の手信号にもしたがわなけれはなりません。
問17 × 右折か転回または、右へ進路変更するときの合図です。
問18 × 追い越し禁止場所で自動二輪車が原付車を追い越してはいけません。
問19 × ㋐の位置では安全に停止することができないので、そのまま進めます。
問20 〇 初心者マークの表示義務の趣旨は、問のとおりです。
問21 × 問の場合は、駐車灯などをつける必要はありません。
問22 × 大型貨物自動車の最高速度は、80キロメートル毎時です。
問23 〇 問のとおりです。
問24 〇 問のとおりです。
問25 〇 問のとおりです。
問26 × 左折する場合などや、原村車、小特車、軽車両以外は、通行してはいけません。
問27 〇 問のとおりです。
問28 〇 問のとおりです。
問29 〇 問のとおりです。
問30 × 徐行して、安全を確かめなけれはなりません。
問31 〇 左側部分の左側寄りを通行しなけれはなりません。(キープレフトの原則)
問32 〇 問のとおりです。
問33 × 進路を変えて前の車の前方に出ると、追い越しになります。
問34 〇 問のとおりです。
問35 × 問の標識は、横断歩道ありを表わしています。
問36 〇 問のとおりです。
問37 × 一般道路では、横断や転回が禁止されているところでも、後退はできます。
問38 × 自転車横断帯の手前で一時停止しなければなりません。
問39 〇 速くなるにしたがって近くはぼやけ、遠くはよく見えるようになります。
問40 × 問の場合は、けん引免許は必要ありません。
問41 〇 サンダルや厚底靴で車を運転すると危険です。
問42 〇 転回禁止の標示ですから、追い越しや横断は禁止されません。
問43 × 仮免許て原付車を運転してはいけません。
問44 〇 問のとおりです。
問45 × 停車もしてはいけません。
問46 × 自動車と原付は車道の左側寄り、軽車両は左端に寄つて通行します。
問47 × 警察官の手信号にしたがわなければなりません。
問48 〇 問のとおりです。
問49 × 側方を通過できます。
問50 〇 車道の左側端に沿つて駐車します。
問51 × 踏切内で動きがとれなくなるおそれがあるときは、入つてはいけません。
問52 〇 問のとおりです。左後方にいる二輪車はじゆうぶん注意しましょう。
問53 〇 問のとおりです。
問54 × 車庫などがあっても道路の右側に横断してはいけません。
問55 × 回転数が高くなり、急発進するおそれがあります。
問56 〇 車両総重量11トン以上、最大積載量6.5トン以上の車を運転するときは、大型免許が必要です。
問57 × 横断歩道とその端から、前後5メートル以内は駐停車禁止です。
問58 〇 問のとおりです。
問59 × 加速車線で十分加速し他の交通の流れを乱さないように入ります。
問60 〇 問のとおりです。
問61 〇 普通免許では、普通自動ニ輪車を運転してはいけません。
問62 〇 左折可の標示板ですから、他の交通に注意しながら左折します。
問63 × 0.3メートル平方以上の白い布をつけます。
問64 × 駐車になりますので、駐停車禁止場所に車を止めてはいけません。
問65 × 上り坂で発進するときは、ハンドブレーキを使いましょう。
問66 〇 小さい車は、遠くに感じます。
問67 × 問の自動車の高さ制限は、地上から2.5メートルです。
問68 × 問の場合は、歩行者がいてもいなくても必ず一時停止しなければなりません。
問69 × 法令で定められた最高速度をこえて運転してはいけません。
問70 〇 問のとおりです。
問71 〇 マフラーの破損は、有害な排気ガスや騒音を出し公害の原因ともなります。
問72 × あらかじめ道路の右端にできるだけ寄つて交差点の中心の内側を徐行しなければなりません。
問73 × 腰ベルトは骨盤を巻くように、しつかりしめましょう。
問74 × 問の場合は、黄色の灯火の信号と同じです。
問75 〇 見張りのための必要最小限度の人員を乗せて運転できます。
問76 〇 問のとおりです。
問77 〇 一時停止か徐行をして、安全に通れるようにします。
問78 〇 l2歳未満のこども3人は大人2人と計算します。
問79 × 交通事故の場合は、警察官に届け出なければなりません。
問80 × 下り坂では、エンジンブレーキを使いましょう。
問81 × 問の標識は、自動車の最低速度を表わしています。
問82 〇 後退灯は、ギアをハツクに人れて占検します。
問83 〇 荷台でないところや、座席でないところに荷物を積んではいけません。
問84 〇 問の標識は、停車可の場所区間ですので駐車はできません。
問85 × 問の場所は、駐車禁止ですが、停車はできます。
問86 〇 カーブを走行するときは、問のようにします。
問87 × 他の道路利用者に危険をおよぼしますので、投げすててはいけません
問88 〇 問のとおりです。
問89 × 運転席側面も助手席側面もはつてはいけません。
問90 〇 問のとおりです。

問91

① 〇 問のとおりです。
② × 対向車と衝突するおそれがあります。工事中の手前で一時停止して対向車に進路をゆ
③ 〇 問のとおりです。

問92

① × 対向大型車のかげから二輔車なとが直進してくることがあるので、安全を確かめながら、ゆつくり右折します。
② 〇 問のとおりです。
③ 〇 問のとおりです。

問93

① 〇 問のとおりです。
② × 急に加速すると進路変更の合図をしている車と衝突するおそれがあります。
③ 〇 問のとおりです。

問94

① 〇 問のとおりです。
② 〇 問のとおりです。
③ × 上り坂のカーブでは、対向車が中央線をはみ出してくるおそれがあります。

問95

① 〇 問のとおりです。
② 〇 問のとおりです。
③ × 自転車の動きを確認しないで加速すると、自転車と接触するおそれがあります。