本免許問題 №51


問1 高速自動車国道における、排気量660㏄以下の普通自動車と普通自動二輪車(125㏄以下を除く)及び大型自動二輪車の法定最高速度は、それぞれ時速100キロメートルである。

問2 定められた速度の範囲内であっても、道路や交通の状況に応じた安全な速度をえらんで、走行しなければならない。

問3 高速自動車国道で、中央分離帯のない本線車道での法定最高速度は、一般道路の法定最高速度と同じである。

問4 長距離運転する場合、夜間の方が昼間より交通量も少なく、あまり疲れないめで安全である。

問5 左折するとき後輪が前輪より外側を通るからし前輪は角すれすれに通るようにすればよい。

問6 交通整理を行なっている警察官が両腕を横に水平に上げているとき、その背に対面した車は、直進はできないが、右左折してよい。

問7 発進する場合は方向指示器で合図をし、もう一度バックミラーなどで前後左右の安全を確かめる。

問8 横断歩道のない道路を横断している歩行者に対しては、車の方が優先する。

問9 オートマチック車のエンジンを始動する前に、ブレーキペダルを踏んで位置を確認し、アクセルペダルの位置を目で見て確認する。

問10 歩車道の区別のない道路を歩行者が通行していたが、道幅もせまく安全な間隔を保てなかったので、歩行者に注意しながら徐行して通行した。

問11 1図の標識は「最大積載量3トン以上の貨物自動車通行止め」をあらわしている。

問12 原動機付自転車が二段階右折の方法により右折する場合は、2図の標識がある交差点の場合だけである。

問13 3図の標示があるところで、貨物の積みおろしのため、運転者は車のそばにいて5分間だけとめた。

問14 4図の標識は、車両が追い越しのため道路の右側部分にはみ出して通行することを禁止している。

問15 5図の標識は「駐車禁止区問の始まり」をあらわしている。

問16 6図の標示は「普通自転車の交差点進入禁止」をあらわしている。

問17 7図の表示板は矢印方向に「時間制限駐車区間」があることを示している。

問18 8図の標示は「優先道路」であることをあらわしている。

問19 時速50キロメートルで走行していたが、9図の標識にさしかかったので時速25キロメートルに落として進行した。

問20 20問 10図の補助標識は、本標識が表示する交通規制の終りをあらわしている。

問21 トンネルの出入口付近を通行するときは、徐行しなければならない。

問22 けん引免許がなくても、普通自動車でけん引する装置があれば、車の総重量750キログラム以下の車をけん引してよい。

問23 6歳未満の幼児を車に乗せるときは、体格にあったチャイルドシートを.使用しなければならない。

問24 一方通行の道路で緊急自動車が接近してきたときは、必ず道路の右側に寄ってゆずらなければならない。

問25 走行中の車が急に止まれないのは、ブレーキを踏んだときに空走距離と制動距離があるからである。

問26 夜間、一般道路を走行中、ファンベルトが切れたので、道路の左端に寄せて止め非常点滅表示灯をつけた。

問27 高速道路における登坂車線は、貨物を積んでいるいないにかかわらず大型貨物自動車が通行しなければならない。

問28 制動灯はブレーキと連動してつくから、断続的に踏むと後車の進行の妨げとなりよくない。

問29 大型や普通自動車の積み荷の重量は、その最大積載量の一割増しまで許可なく積んでよい。

問30 自動車の騒音は、速度や積載量には関係がない。

問31 排気量660㏄以下の普通貨物自動車の積み荷の高さ制限は、地上から3.8メートルまでである。

問32 自転車に乗っている人が行なう手の合図はあまりあてにならないので、自転車の動きに十分注意して運転する。

問33 車の放置行為とは、違法な駐車をして運転者が車から離れてすぐに運転できない状態をいう。

問34 おそい速度で進行しているとき、右左折する場合に交差点の直前で合図をしてよい。

問35 走行中、進路変更の合図をすれば、他の車に割り込んでもよい。

問36 幅が広い一本線の路側帯があるところで、車体の一部を路側帯に入れ左側に0.75メートルの余地をあけてとめた。

問37 走行中に、エンジンの回転数が上がった後、故障等により、下がらなくなったときは、すぐにフットブレーキを踏んで車をとめる。

問38 高速自動車国道における大型貨物自動車の最高速度は、80キロメートル毎時である。

問39 夜間、交通量の多い道路では、前方の状況をはっきりさせるためライトは上向きにしたほうがよい。

問40 信号機がある踏切にさしかかったとき「青色」を表示していたので、安全確認することなく通過した。

問41 遮断機が上っている踏切にさしかかったときは、他の車が安全に通過しているときに限り一時停止することなく通行してよい。

問42 エンジンブレーキは、高速ギアよりも低速ギアのほうがききがよい。

問43 緊急自動車が近づいてきたとき、交差点に入っている車は直ちに徐行する。

問44 走行中に携帯電話を使用したり、カーナビゲーション装置に表示された画像を見つめつづけるようなことは運転操作が不安定にな・り、事故の原因になりやすく危険である。

問45 坂道で行き違うとき、近くに待避所があっても、常に上りの車が優先する。

問46 車は道路の状態や他の交通に関係なく、道路の右側部分にはみ出して通行してはならない。

問47 右折と転回の合図の方法は同じである。

問48 制限速度の範囲内であっても、道路や交通の状況に応じて速度を落として走行するのがよい。

問49 夜間の走行は昼間に比べ視界が悪いので、なるべく視線を近くに向けて運転する。

問50 停止距離は速度や積み荷の重さによって変わるが、道路の状態にはとくに関係がない。

問51 車両通行帯が黄線で区画されていても、右左折のためであれば進路変更してもよい。

問52 高速自動車国道で、他の車をけん引して走行できるのは、けん引するための構造、装置のある車がけん引されるための構造、装置。のある車をけん引する場合に限られる。

問53 走行中にタイヤがパンクしたときは、ハンドルの手をゆるめ急ブレーキをかける。

問54 普通二輪免許で原動機付自転車を運転できるが、小型特殊自動車は運転できない。

問55 雨天のアスファルト路面はきれいになるから、タイヤとの摩擦抵抗が大きくなり、晴天の場合より制動距離が短かくなる。

問56 大気汚染のため光化学スモッグが発生するおそれのあるときは、自動車の使用をひかえるようにする。

問57 酒の酔いがさめたと思っでも、体内にアルコール分が残っており、注意力と判断力がにぶっているので、運転はしてはならない。

問58 後退するとき、同乗者に後方の安全を確認させれば、運転者自身による確認はしなくてよい。

問59 盲導犬を連れて歩いている人に近づいたが、立ち止まりそうになったので、そのままの速度でそのそばを通行した。

問60 道路の前方に障害物があるときは、一時停止か減速して反対方向の車に進路をゆずらなければならない。

問61 初心者マークや仮免許練習標識をつけた車が走行しているとき、これらを追い越したり追い抜いてはならない。

問62 交通整理の行なわれている交差点(標識で右折方法が示されていない場合)で、左側部分に車両通行帯が三以上ある道路で原動機付自転車が右折するときは、二段階右折の方法に従って右折しなければならない。

問63 オートマチック車を運転中、交差点などで停止するときは、常にチェンジレバーを「N」に入れておく。

問64 横断歩道や自転車横断帯とその手前30メートルの間は、追い越しはしてはならないが追い抜きはしてよい。

問65 普通自動車は事業用または自家用をとわず、すべて6ヶ月ごとに点検し整備しなければならない。

問66 一般道路で追い越しするとき、一時的であれば法定の最高速度をこえてもよい。

問67 運転免許は、第一種免許、第二種免許、及び仮免許の三種類に区分されている。

問68 時速60キロメートルでコンクリートの壁に衝突した場合、約14メ一トルの高さ(ビルの5階程度)から落ちた場合と同じ程度の衝撃力を受ける。

問69 原動機付自転車が片側三車線ある交差点(右折方法の標識がない道路)にきたとき、前方の信号が赤色と同時に右向きの「青色の矢印」が表示された場合、自動車と同じく交差点の中心の内側を徐行して右折することができる。

問70 加速して追い越そうとしたが、前車が進路を右に変えようとしたのでその右側を追い越した。

問71 高速道路の本線車道とは、通常高速走行する部分をいい加速車線、減速車線等は含まれない。

問72 走行中に後輪が右に横すぺりしたとき、ハンドルを左に切るとよい。

問73 踏切内でエンストしたときは、通行人に協力してもらって動かすか、セルモーターを使って動かすなど、なるべく早く踏切外に出す。(ただし、オートマチック車を除く)

問74 高速道路を通行する場合、燃料、冷却水、エンジンオイルの不足で停止することがないように、高速道路に入る前にとくに点検しなければならない。

問75 高速道路で故障したときは、停止表示器材を置くなど必要な危険防止の措置をとった後、車から離れて安全な場所に避難する。

問76 運転中に大地震が発生したとき、車を避難させるときはできるだけ道路外に停止させる。

問77 自動車の前面ガラスには次の検査の年、丹を示す検査標章をはらなければならない。

問78 原動機付自転車は、自動車損害賠償責任保険には加入しなくてよい。

問79 原動機付自転車の法定による最高速度は、30キロメートル毎時である。

問80 普通自動車で、ロープ等により故障した普通自動車をけん引するときは、けん引免許が必要である。

問81 トンネルから出るときは、横風が強く吹いている場合があるので速度を落として注意して走行する。

問82 雨天での高速走行は、ハイドロプレーニング現象が起きることを考え、速度を落として走行しなければならない。

問83 日常点検では、ハンドルとブレーキだけを点検すればよい。

問84 車の前方を子供が横断しているのに近づいたが、その子供の遊んでいる仲間が左側の方にいて、同じく横断を始めるかも分からないので前もって警音器を鳴らした。

問85 横断歩道や自転車横断帯を通行する車は、必ず警音器を鳴らさなければならない。       

問86 進路を変更すると、後車が急ブレーキや急ハンドルでさけなければならないような場合には進路を変更してはならない。

問87 駐車とは、車が継続的に停止すること(人の乗り舞りや、5分以内の荷物の積みおろしを除く)や、運転者が車から離れていてすぐに運転できない状態で停止することをいう。

問88 進路変更、転回、後退などの行為が終わったときは、約3秒たってからその合図をやめなければならない。

問89 シートの前後の位置は、クラッチを踏み込んだとき、ひざがまっすぐにのびた状態に合わせるのがよい。

問90 駐車禁止でない道路で、車をとめ、車の右側の余地が3.5メートル以下であったが、荷物の積みおろしのため運転者は車のそばにいて駐車した。

問 91 30km/hで進行しています。左折するとき、どのようなことに注意して運転しますか。

① 自転車が急に進路をかえるかもしれないので、自転車が交差道路を通過するまで、速度をおとして追従する。

② 交差道路からほかの車がでてくるかもしれないので、交差道路の手前で停止できるように、速度をおとす。

③ 左折するときに自転車をまき込むおそれがあるので、加速して自転車を追い抜き、さきに左折する。

問92 35km/hで進行しています。交差点を直進するときはどのようなことに注意して運転しますか?

① 二輪車が左折中の乗用車を避けて自分の車の前に進路を変更してくると危険なので、乗用車との車間距離をつめて進行する。

② 前の乗用車や二輪車が急に止まるかもしれないので、速度を落として進行する。

③ 交差点の前方の状況が見えないので、前の乗用車や二輪車の動きに注意しながら乗用車の右側に出て速度を上げて進行する。

問93 40km/hで進行しています。直進するとき、どのようなことに注意して運転しますか。

① 大型車のかげで前方が見えないので、いつでも止まれるように、速度をおとして進行する。

② 大型車の直後を進行すると安全なので、大型車との車間距離をつめる。

③ 大型車のかげで前方が見えないので、進路を大型車の左側方にとって加速して進行する。

問94 40km/hで進行しています。交差点を直進するときはどのようなことに注意して運転しますか?

① 対向車が止まらずに先に右折を始めたり、左側の車が止まらずに交差点に入ってくるかもしれないので,両方の車の動きに気をつけながら進行する。
② 左側の車は対向車の右折の合図を見てそのまま交差点を通過しようとするかもしれないので、後続車にも注意しながらアクセルをゆるめて進行する。
③ 左側の車は優先道路を走っている自分の車を先に通過させると思われるので、加速して進行する。

問95  40km/hで進行しています。どのようなことに注意して運転しますか。

①原付は自車の接近に気付いており、駐車車両の手前で停止して進路をゆずると思うので、このまま走行する。
②原付が自車の前に出てくるかもしれないので、駐車車両の横を通過するまで原付に追従する。
③対向車はいないようなので、加速して原付と駐車車両を一気に追い越す。





解答と解説 №51

 

問1 ○ 高速国道では、すべての普通自動車(三輪を除く)は100キロ、自二(大型、普通)も100キロ. 
問2 ○ 問いの通りです。
問3 ○ 分離帯がない片方だけの通行、従って60キロ.
問4 × 夜間は、視界が悪く危険な場合が多く疲れやすい. 
問5 × 後輪は前輪の内側を通る.
問6 × 信号は赤です。
問7 × まず安全確認。
問8 × 横断歩遭の有無に関係なく歩行者が常に優先する.
問9 ○ 問いの通りです。
問10 ○ 歩行者や自転車のそぱを通るときは安全な間隔をあけるか又は徐行のいずれかを守る.
問11 ○ 問いの通りです。
問12 × 標識がなくても片側三車線以上の交差点では原付は二段階右折する. 
問13 × 駐停車禁止の標示であり、人の乗り降り.積みおろし等の停車はできない.
問14 ○ 問いの通りです。
問15 ○ 問いの通りです。
問16 ○ 問いの通りです。
問17 ○ 問いの通りです。
問18 × 標示が優先道路ではなく、標示の前方の道路優先を意味する.
問19 × 徐行とはいつでもとまれる速度、約10キロ以下をいう.
問20 ○ 問いの通りです。左向き矢印と同じ意味です。
問21 × 徐行場所に指定されていません。
問22 ○ この場合けん引される車が750㎏をこえる場合にけん引免許が必要.以下では必要でない.
問23 ○ 問いの通りです。
問24 × 原則として左側に寄ってゆずる.
問25 ○ 車がとまる場合、停止距離(空走十制動)が必ず必要となる.
問26 ○ 問いの通りです。
問27 × 登坂車線は.坂道になって速度がおそい車であれば車種に関係なく通行してよい.
問28 × 後車への合図となり追突防止に役立ちます。
問29 × 前後の長さは車の長さの10分の1を超えて積んでよいが、重量はその車の最大積載量だけ.
問30 × 関係あります。
問31 × 軽自動車の積み荷の高さは2.5m.
問32 ○ 問いの通りです。
問33 ○ 合法的な廃車行為でなく、車を勝手に捨て置くことをいう.
問34 × 右、左祈、転回は30m手前で合図する.
問35 × 割り込みは禁止です。
問36 ○ 問いの通りです。
問37 × 四輪車の場合は、ギアをニュートラルにしてブレーキ.二輪車はエンジンスイッチを切ってからブレーキを踏む.
問38 ○ 問いの通りです。
問39 × 交通量が多い道路では滅光か下向きにし、ほかの車の直後を走行するときも同じ.
問40 × 信号が青色のとき、停止しなくてよいが、安全確認は必ずする. 
問41 × どんなに安全でも、それぞれの車は直前で停止する.
問42 ○ 問いの通りです。
問43 × 交差点を出て、左側に寄り停止する.
問44 ○ 問いの通りです。
問45 × 退避所がない時は、通常上りが優先するが、待避所があれば優先権は生じない.
問46 × 工事中とか追い越しの場合等は右側のはみ出しを認めている.
問47 ○ 30m手前より右の方向指示器を操作し共に同じ.
問48 ○ 問いの通りです。
問49 × 夜間は視線を先に向け早く障害物を発見する.
問50 × 路面の状態に大きく関係します。
問51 × 緊急車の接近や工事中等の時は進路変更を認める.
問52 ○ 例えばロープやクレーン車で故障車をけん引することはできない.けん引のための構造を有しているトレーラのけん引車に限られる.
問53 × パンクしたときはハンドルをしっかり掩ち.ブレーキは断続的にふんでとめる.
問54 × 原付と小特は他の免許ですぺて運転できる. 
問55 × 制動距離は長くなります。
問56 ○ 問いの通りです。
問57 ○ 問いの通りです。
問58 × どんな場合でも運転者白身の安全確認は必要.
問59 × 一時停止または徐行して安全に通行させる.
問60 ○ 問いの通りです。
問61 × 幅寄せや割り込みは紫止している.
問62 ○ 例えば2車線以下の場合.原付の右折は自動車と同じ小回わりになる.
問63 × 通常は「D」の位置でよいが渋滞で長くとまるときは「N」に入れる.
問64 × 追い抜きもしてはいけません。
問65 × 事業用、大型車は3ヵ月毎、自家用乗用は1年毎、貨物は6ヵ月毎.
問66 × 法定速度を超えてはいけません。
問67 ○ 問いの通りです。
問68 ○ 問いの通りです。
問69 × 片側三車線以上の場合、原付は2段階右折しなければならない.ただし次の青信号になってから右折する.
問70 × 進路を変えようとしている車を追い越してはいけません。
問71 ○ 問いの通りです。
問72 × 右にすべれぱ右に切る、左なら左に切る.すぺる方向に切ること.
問73 ○ 問いの通りです。
問74 ○ 問いの通りです。
問75 ○ 車に残らず避難する.
問76 ○ 道路外とは空地や駐車場等をいう.
問77 ○ 問いの通りです。
問78 × 原付も自動車と同じく強制保映に加入する
問79 ○ 問いの通りです。
問80 × ロープでけん引したり、クレーン車でけん引する場合.けん引する方の車の免許でよい。
問81 ○ 問いの通りです。
問82 ○ 問いの通りです。
問83 × 運転席での点検、エンジンルームの点検、車の周りからの点検等多項目あります。
問84 × 予測的に鳴らすのは認めない.この場合一時停止か徐行すればよい。
問85 × 警音器を鳴らしてはいけません。
問86 ○ 問いの通りです。
問87 ○ 問いの通りです。
問88 × 3秒後ではなく、行為が終れぱ直ちに合図をやめる。
問89 × ひざがのび切らない位置にあわせます。
問90 ○ 駐車する場合、原則として車の右側に3.5m以上の余地が必要であるが、貨物の禎みおろしのときは、余地がなくてもよい。
問91
① ○
② ○
③ ×
自転車の動きを確認しないで加速すると、自転車と接触するおそれがあります
問92
① ×
② ○
③ ×
二輪車は、左折車の後方で急停止しかしあるいは大きく進路変更して左折車の右側に出るかもしれません。二輪車の動きに注意をして、安全な車間距離をとるようにしましょう。
問93
① ○
② ×
③ ×
大型車がブレーキを踏むと衝突するおそれがあります。
横断歩行者などと接触するおそれがあります。
問94
① ○
② ○
③ ×
十分見通しがよい交差点でも、出会い頭事故は発生します、原因は、距離や速度の読みちがいや、お互いが、相手が止まってくれるはずと思う気持ちにあります。事故を起こさないためには、自分が優先道路を走っている場合であっても、相手にゆずるくらいの気持ちで運転しましょう。
問95
① ×
② ○
③ ×
四輪車の運転者の中には、自分より小さくて速度の遅い原付をじゃまに思ったり、軽視する人もいます.特に原付など二輪車の運転経験のない運転者の中には、車間距離をつめたり、ぎりぎりを通過する危険な人もいます.